FC2ブログ

鏡-6 返礼

セックスでは男性よりも優位に立つからMではない。むしろSっ気の方が強いと言っていた女が鏡の前で剥き出しの股間を晒し、被虐感に苛まれていく様子に男は満足の笑みを浮かべる。
背後から抱きかかえて開いたバギナは蜜を溢れさせて物欲しげに見えるし、何より羞恥心が快感に変化しつつあることに満足する。
「いやらしいな・・・溢れたマン汁が腿にまで垂れているよ。見えるだろう??」
「あっちにも、こっちにも恥ずかしいオマンコが映ってる。こんなにたくさんのオマンコが・・・恥ずかしい。立っていられるのが不思議なくらいドキドキするし足が震えている」
「マン汁がどこから滲み出てくるのか確かめようか??」
言い終わると男は小陰唇を左右に開いて薔薇の花弁の中をあからさまに晒し、膣口に指を掛けて左右に開く。
いやぁ~ン、そんな事をされると恥ずかしい・・・花弁の奥は真っ赤に色付いて芳香をまき散らし、男の視覚や嗅覚を刺激して嫌がる素振りの甘い声は聴覚をくすぐる。女を背後から抱きかかえて股間に回した手が感じる女性らしく柔らかな感触に堪えがたい魅力を覚え、触覚さえも刺激された男は我慢の限界に達する。
五感の内、四つを刺激された男は残る一つ、味覚を満足させようと、
「このまま立っているんだよ。オッパイを口に含んでクチュクチュして・・・ここも舐めてあげる。指が開いている、ここをね・・・どうだ、嬉しいだろう??」

「いやっ、私がオシャブリするの・・・恥ずかしい事をされても、がまんしていたんだからね・・・嬉し涙を流すまで、あなたのモノを舐めて敵討ちするの。入れさせてくださいってお願いしても入れさせてあげないんだから・・・」
言うが早いか男の手をすり抜けて跪いた女は、宙を睨んでそそり立つ男のモノを指で弾く。
「痛いッ・・・おいおい、無茶するなよ。私に限らず男って繊細で傷つきやすいんだからね」
「クククッ、それくらい我慢しなさい・・・痛いのと恥ずかしいのを我慢するの、どっちが辛いか分かる??」
「嫌だと思っても、ある限界を超えると嫌は好きに変化し、好きな事は好きなまま・・・好きと嫌いはコインの裏表、たいして違いはない。好きなコインか嫌いなコインかの違いはあるけどね」
「憎らしい事を言う・・・あなたにとって私って言うコインは好きなの、嫌いなの??どっちのコインなの??・・・嫌いじゃないって言う答えは好きじゃないからね」
「まだ名前も聞いていない・・・そんな事はどうでも良い。好きだよ」
「うふふっ、良かった・・・オシャブリしてあげる」

仁王立ちの男の前で跪き、いきり立つペニスを捧げ持つようにして亀頭に舌を伸ばす。
「覚悟しなさい。恥ずかしい事をされた敵討ちをするからね・・・」
亀頭に伸ばした舌は竿をチロチロとジグザグに舐め下り、根元から亀頭に向かってゾロリッと舐め上げる。カリを舌先でなぞり陰嚢を手の平で転がすように愛撫する。
髪を掻き上げて上目遣いの視線は男から離れる事はない。
如何にも、気持ち良いでしょう、まだまだこれからだよ。我慢できるかなと見つめる瞳が語り掛けて優位に立ったつもりの女だが、男は全く別の事を考えている。
フェラチオする女を見下ろす男の目には、跪いてペニスに奉仕してくれる姿にしか見えず、征服感と共に嗜虐感が大きく膨らんでくる。
前方と左右の鏡には男に奉仕する女の姿が幾つも映り、フェラチオだけではなく想像力も快感を深くする。

ペニスを摘まんで左右、上下に揺らして焦らす。ペニスから離れた手は内腿や鼠蹊部を撫で会陰部からアナルにも指を伸ばす。
窄まりを指先で叩きヒクヒク反応すると、見つめる視線に意味ありげな笑みを浮かべる。
陰毛を咥えて引っ張り、男が痛いと声を漏らして腰を引くと窄まりに当てた指が侵入しそうになり腰を突き出して避けようとする。
鈴口を舌先でつつき、パクッと竿を口に含む。
男の期待は裏切られて竿を口に含んでも刺激することなく直ぐに吐き出され、裏筋を縫い目に沿って舐めていき大きく開いた口に陰嚢を含む。
竿を手の平に包んでゆっくり上下しながら、玉を口腔で転がし口をすぼめて吸い上げる。
「ハァハァッ・・・気持ち良いみたいだね。手の中でオチンチンがピクピクしているし、お尻がキュッとなったのが鏡に映ったよ」
鏡に視線をやって会心の笑みを浮かべる。
「鏡にオマンコを映す女性を見て興奮していたからなぁ・・・しょうがないだろう」
「あらっ、そんな破廉恥な事をする人がいたの??私も見たかったなぁ・・・今度は直接チンチンを気持ち良くしてあげようか??」
昇りつめる寸前まで追いやったと思っている女は余裕の言葉で応え、根元を摘まんでカリに舌を這わせ亀頭を舌で叩くように刺激する。
大きく開けた口に含んで舌で包み込むようにして温かくて柔らかい感触を伝える。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント