FC2ブログ

M 囚われて

囚われて-61

「アソコを彼氏以外の人にペロペロされたって思っちゃうよね」
「そうだよ、忍の言う通りだよ。想像してアソコが濡れちゃいそうになっちゃった」
「二人ともすごいな、オレなんて食べるのに夢中で隣の事なんか全然気にならなかったよ」
「ウフフフッ・・・うそ、間違えて箸置きを食べようとしたでしょう。見てたんだよ」
「詩織、そんな事を言うと苛めちゃうよ・・・問題を出すからね。間違えると苛めることにする」
「えぇ~、そんな・・・わけ解んないことを・・・」
「ペロペロ問題を出すよ。中世のヨーロッパでは動物の舌を利用した拷問があったと言われているけど、それはどんな事か??・・・詩織、答えを間違えたらエロ拷問だよ」
小首を傾げて見つめる詩織の可憐さは、邪悪な企みを打ち砕きそうになるほど愛らしく、男は思わず顔を背けてしまう。
「あれっ、いんちき問題なのかなぁ??答えがないんじゃない??・・・答えは、いんちき問題で答えがない・・・そうでしょう??」
勝ち誇ったように答える詩織に向ける男の顔は、満面の笑みを浮かべている。
ブッブッ、ブゥ~、ブゥッ~・・・憎らしくなるほど嫌味な表情を作った男は詩織を見つめ、間違えた、と一言、言葉を漏らす。
「正解は、ヤギを使った拷問だよ。足を固定して足裏に塩水を塗るんだよ。そして喉が渇いたヤギを連れてくる。ヤギはザラザラの舌でいつまでも足を舐め続ける・・・やがて皮膚が破れて肉が剥き出しになっても舐める事を止めない。
血が流れ、骨が見えても舐める事は止めないって言う拷問だよ。詩織、オレと忍の二人で皮膚が破れまで舐めてあげようか・・・」
「いやだっ・・・気持ち悪いし怖い・・・」
「そうだよな、詩織には何か他の苛め方を考える事にするよ・・・さぁ、食べよう」

地鶏の水炊きを食べ終わり、雑炊で腹を満たした三人は最後にデザートを食べて店を出る。
男の苛めるよと言った言葉に不安を覚えながらも好奇心を刺激され、心の片隅で被虐心を育んでいた詩織は恨めし気な視線をロールスクリーンに向ける。
詩織の瞳に一瞬宿った不満気な様子を感じた忍は無言で男の腰をつつき、にんまり微笑む。

「不満がありそうな表情だけど、もっと食べたかったの??」
クックッ、ウクククッ・・・半笑いの忍は詩織の顔を覗き込む。
「ねぇ、化粧室に行きたいんだけど一緒に行ってくれる??」
いいよ・・・男に向けて片目を瞑って見せた忍は詩織と共に化粧室に向かう。

「詩織、どうしたの??何かあった・・・食事が口に合わなかったとか??」
詩織は向かい合って立っているものの視線を合わせる事はなく、忍の視線を感じて顔を伏せる。
覗き込む詩織の視線を避けて顔を反らせると鏡の中で微笑んでいる忍に見つめられる。
「イヤンッ、恥ずかしい・・・見ないで」
「どうしたの??なんか変だよ・・・言ってごらん」
コツコツッ・・・美味しかったね・・・靴音と共に話し声が聞こえると、詩織の手を引いてトイレのドアを開けて二人で隠れるように入る。
シィッ~・・・唇に指を当てた忍が悪戯っぽく目をキラキラさせながら詩織に囁く。
食事を終えた二人が化粧を整える気配と共に水の音を残して立ち去っていく。

「ウフフッ、私たちは何も悪い事をしてないのにドキドキしちゃったね」
「忍が変な風に興奮させるんだもん・・・こんな場所で変だけど正直に言うね。
食事しながら隣のカップルの話し声を聞いてちょっと変な気持ちになっちゃったの・・・おかしい??」
「おかしくないよ、詩織だけじゃない。私だって、濡れちゃいそうだったもん」
「そうなの、良かった・・・私なんて濡れちゃった、笑わないでね」
「ふ~ン・・・確かめても良い??・・・ほんとだ、濡れてる。このままじゃ気持ち悪いでしょう、きれいに拭いてあげる」
躊躇することなくラップスカートをはだけ、あっけにとられた詩織はされるがまま身を委ねる。
「すごい、下着も濡れちゃってる。気持ち悪いでしょう・・・脱いじゃいなさい、ねっ・・・大丈夫・・・ついでだからブラも外しちゃおうか」
「イヤンッ、こんな所で・・・ドキドキする」
それが好いんでしょう・・・公園や通りを入って陰になった処で男が外すはずだったヒモパンの紐を解き、ブラジャーと一緒にポケットに入れる。
動いちゃダメだよ・・・便器の上で立たせた詩織の前で跪いた忍は股間に指を添えて押し開き、ピチャピチャ音を立てて滲み出た愛液を舐め取っていく。
「アンッ、いやっ、ダメッ・・・そんな事。余計に濡れちゃうよ・・・」
「いいの、黙りなさい・・・こんなに濡らして我慢できるの??スケベな詩織」
ピチャピチャッ・・・アンッ、ウッ、良くなっちゃう・・・声を漏らすまいとして詩織は手を噛み、忍の頭に手を載せて自然と揺れる身体を必死に支える。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント