FC2ブログ

不倫 ~immorality~

想いを巡らす 二日目 71

健を跨ぎ屹立するペニスを摘まんで股間に擦り付けた彩は、ゆっくりと腰を下ろして飲み込んでいく。
蛇がまとわりついたように血管が縦横に走る怒張を飲み込んでいく途中で浮かんだ彩の眉間の皺は、付け根まで咥えた瞬間に消えてなくなり柔和で悦びを湛えた表情になる。
健は彩の腰に手を添えて目を閉じ、フゥッ~と息を吐き、
「彩のココは気持ちいい。温かく包み込まれて・・・すごいよ、ウネウネと蠢き始めて奥へ吸い込まれていくよ」
「ほんとう??本当なの??彩は何もしてないよ・・・熱い、身体が熱いの」
彩は昂ぶる感情と身体の欲求を制御できず、混乱を冷まそうと頭を振り身体を揺する。
「ウッ、ダメだ・・・彩、動かないでくれる??昇り詰めちゃいそうだよ。彩のココは本当に気持ち良い」

彩の脳裏を壊れつつある夫婦関係への思いがよぎる。
夫婦を繋ぐのは互いを大切に思う気持ちだろうがセックスも大切なはず。
健が言う通り彩のアソコが良いものならば、離婚する気のない夫との関係を修復するのも可能ではないかと思う。
寝室も別になっている夫に抱きたいと思う衝動を起こさせるのは簡単じゃないと顔を歪めた瞬間、健は、今はオレとの事だけに集中してくれよと不満を漏らす。
その顔は決して怒っているようではなく、無言のまま視線を絡ませると、
「ご主人の事だろう??ムリする事ないよ・・・彩が本当に充実した日々を送って満足すれば、ご主人への対応も余裕が生まれて自然と優しくなる。優しくしてくれる相手に刺々しい態度を取り続けることはないよ、多分ね」
「でも、それってなんか悔しいな。彩から関係修復を求めるのは・・・」
「元に戻してくれって頼むわけじゃないさ。相手に何をして欲しいって要求するわけじゃなく、彩が楽しい日々を送り、それが自然とご主人の心を解きほぐすって事だよ」
「クククッ・・・たまに健と会って、満足するセックスをすると彩が幸せになって、そんな彩と同じ屋根の下で暮らす主人も幸せになるって事??」
「そうだよ、幸せと満足の輪廻。セックスは地球を幸せに満ちた星にする・・・どう、分った??」
「なんか都合の好い話、健は自分に言い聞かせているでしょう??・・・ウッ、イヤンッ、すごい。今日の健はいつもと違う。チンチンがゴリゴリしてる」

彩の腰に添えた手を支えにして突き上げると嬉しさを隠しきれない声が弾み、前屈みになった彩の髪の毛が健の胸をくすぐる。
「気持ち好いよ、彩は身体のすべてがセックスの武器。胸を髪の毛でくすぐられると気持ち良いし愛おしさが募る」
「嬉しい・・・でも許さない。昨日はオチリの穴をグリグリ苛められたから、今日は許してくれって言うまで責めちゃうの」
クククッ・・・出来るものならやってみればいいだろうと言いたげな健は、彩を見つめて笑みを浮かべる。
「あぁ、バカにしてる。謝っても許さないからね」
ペニスを付け根まで呑み込み健の腰に手を置いて身体を支え、股間を擦り付けるようにして艶めかしく蠢かす。
ウッ、ウッ・・・クチャクチャッ、ジュルジュルッ・・・アンッ、いやっ、どうして??・・・健の口から快感を示す声が漏れると彩は顔を綻ばせて身体を上下するものの、責めと同様の効果が自分にも及び堪えがたい思いを口にする。

ギシギシッ、ジュルジュルッ・・・健はベッドのクッションを利用して下から突き上げ、両手で腿を荒々しく揉み込む。
「ウググッ、だめっ・・・こんな事、いぃ、いいの、気持ち良い」
彩の腰を掴んで支えとし、騎乗位から対面座位に変化してキスをする。
彩は目を閉じることなく見開いたまま健を見つめ、
「やっぱりダメだ。許してくれって言わせようとしたけどダメ、健が好きだから・・・」
「クククッ、オレは彩の事が大好きだから、いつでも満足してもらおうと頑張ってるよ」
「あれかなぁ??」
「なに??あれじゃ分かんないよ」
「男の人は凸で女は凹でしょう、受け身の彩が責めるのはムリなのかなぁ??」
「そんな事はないよ、彩の中に入って勝手に動いて気持ち良くなるわけじゃないよ。温かく包み込んでウネウネ刺激してくれるし、可愛い喘ぎ声にときめく。眉間に作る皺さえ愛おしく思うし、この染み一つない白い肌が僅かに朱を帯びてしっとり変化するのもドキドキする」
「ウフフッ・・・確かめたかったの、もっと、気持ち良くなりたい。今は健の事しか見えない・・・キスして」

不倫 ~immorality~

想いを巡らす 二日目 70

横臥位でシックスナインに興じる二人は持て余す欲望で瞳を真っ赤に染め、彩は目の前で猛り狂ったように屹立する男根を見つめ、健は飾り毛が一本として無く与えられた刺激に反応して綻び、隠すことなく姿を晒す花弁から滴る花蜜に舌を伸ばす。
ズズズッ、ピチャピチャッ・・・花蜜が滴る源泉に唇を合わせて吸い取り、内腿にまで滲む跡を舌で清めていく。
「いぃ、気持ち良いの・・・もっと、色々して欲しい、彩の事を大切に思っているって感じさせて。今はエッチな事をたくさんしてくれると健を信じられる」
健の指は白くてムッチリの内腿を刷き、剥き出しの花弁に息を吹きかける。

滴る蜜を拭い取られて可憐な様子を取り戻したバギナは、息を吹きかけられるとフルフル震えて新たに漏れ出た蜜でしとどに濡れそぼち、再び妖艶な女に変身する。
眼の前の透き通るように白くて美しい内腿はわずかに朱を帯び、指を伸ばすのも躊躇うほどの魅力に溢れている。
肌も性格も近付きすぎると良いところよりも悪いところが目立つ事が多いものの、彩については近付けば近付くほど好いところしか見えなくなる。
白い肌は染み一つなく触れると吸い込まれて同化しそうな感じになる。
本人は人見知りで引っ込み思案と時として卑下するような言い方をするものの、他人との関係で自分を見失って流されてしまうような事はなく、毅然とした意志の強さを持っているのも好ましい。

「なんか、また濡れ始めたような気がする・・・エッチでスケベな彩は嫌いになる??」
嫌いになるかと問う声は隠しようのない昂奮で震えを帯び、顔こそ見えないものの好ましく思う気持ちが強くなる。
「嫌いになるわけがない。オレ以外の男を相手にして昂奮するのは我慢できないけど、二人きりの時はエッチでスケベな彩を愛おしく思うし益々、好きになる」
「うん、分かっていても言葉にされると嬉しいし、確かめたくなる。たまにしか会えないから不安もあるしね」
不倫という関係は偽りのない気持ちを正直に話せない場面が多いので、正直に好きだと口にできる時間を大切にしたいと思う。
言葉だけではなく、さりげなく手を繋いだり思いやる気持ちが態度に現れることにも敏感になる。

「もっと気持ち良くして・・・気持ち良くなりたい」
健の舌は彩の白い内腿を這い、揃えた指先が飾り毛の無い恥丘を撫でる。
成熟した恥丘は彩の淑やかな性格にも似て程よく盛り上がり、ビーナスの丘と呼ぶにふさわしく健の気持ちを蕩かして愛撫を誘う。
ウッウッ、いぃ、どうして??・・・優しく撫でていた指先が手の平全体の愛撫に代わり、刺激が恥丘だけではなくクリトリスに及ぶと摘まんでいたペニスを離して喘ぎ声を漏らし始める。

恥丘を圧迫されると子宮が刺激されて下腹部が熱くなり、尿意の高まりと共にクリトリスが焦らされたように感じて自然と腰を突き出す。
「続けられると漏らしちゃいそう・・・ビラビラを噛んでクリを舐めたり、アソコを舌で犯されたり、気持ち良くして欲しい・・・ねっ」
ジュルジュル、ベチャベチャッ・・・先走り汁を滴らすペニスに頬や顎を撫でられてベトベトになっているのにも構わず、言い終わるや否やむしゃぶりつくようにペニスを口に含み、激しく顔を前後する。

健は指を添える必要もないほど綻びをあからさまにする割れ目をパックリと開き、近付く虫を捉えようとして芳香を撒き散らす真っ赤な花弁をベロリと舐める。
ズズズッ、ジュルジュル・・・音を立てて蜜を吸い取り、小陰唇が作る溝にも舌を伸ばして舐め取り、甘噛みして震わせる。
膣口の縁を舌先がなぞり、ウッという甘い声と共に腰を引こうとすると右手で抱えて丸めた舌を突き入れる。
グチャグチャ・・・負けじとフェラチオに熱がこもると、割れ目に指を添えて大きく開き尿道口を舌先でつつく。
「ウッ、アンッ、いや・・・そんな事をすると、お口の中に漏らしちゃうよ。好いの??」
「それは困る。大好きな彩のモノでも飲む趣味はないよ」
下腹部のあちこちにチュッと音を立てて唇を合わせ、蜜にまみれた指先でクリトリスの先端を叩く。

ゆっくり同じリズムで叩き続けられると心臓の動きが指の動きに重なり、身体の芯に生まれた卑猥な欲求を我慢できなくなる。
「だめ、我慢の限界・・・頼むから入れさせてくれって言わせる積りだったけど、ダメッ。いつもと同じ。繋がりたい・・・上になっても好いでしょう??」
仰向けに寝る健は左の窓から忍び入る陽の光で眩しそうに目を細め、足元の窓の向こう見えるコスモクロックに口元を緩める。
「何がおかしいの??いやな男・・・」
健の下半身を跨いだ彩はペニスを摘まんで唇を噛み、天井を見つめて健のモノをバギナに擦り付けて馴染ませる。
「ハァハァッ、いつもよりも大きい・・・多分ね、入るかなぁ」
ウッ・・・腰を少しずつ下ろしていくとペニスは徐々に姿を隠し、彩の眉間に皺が刻まれていき、健は彩の腰に手を添えて目を閉じフゥッ~と息を吐く。

不倫 ~immorality~

想いを巡らす 二日目 69

ナイトシャツを脱ぎ棄てて素っ裸になった健の股間でペニスは隆々とそびえ立ち、膨れ上がった血管が竿に絡みつくさまは蛇が巻き付いたようにまがまがしく見えるものの隠しきれない期待で彩は思わず唾を飲む。
ゴクッ・・・すごい・・・乳房の先端を摘まんでいた指が目の前のペニスに伸びて浮き上がる血管をなぞる。
「すごい、もう一度聞くけど痛くないの??張り裂けて爆発しそうなほど大きくなってるよ??・・・スゴイ、これが彩の中に入るんだよね」
「一昨日から使い過ぎで根元に違和感があるけど、彩に近付くと一体になりたいって昂奮しちゃうんだよ」
「彩に近付くと昂奮するんだ。そうなんだ、嬉しい・・・だけど、彩は健よりも貪欲なの、セックスに関してはね。もっと昂奮させて・・・」

「彩、自分のモノとは言え尻の穴に入った指でオマンブーを弄られるのは嫌だろ??舐めてきれいにしなさい」
「オチリに侵入した健の指を舐めてきれいにするの??舐めないとアソコを弄ってくれないの??・・・好いよ、ナメナメしてきれいにする」
おずおずと伸ばした舌が指先に触れると一瞬目を閉じ、先端から根元まで何かを確かめるように滑らせる。
「どうだ、何か味がするか??」
「イヤンッ、変な事を言わないで。味なんかあるわけがない」
中指と薬指の周囲に残すところなく舌を這わせた彩は手首に指を添えて口に含み、ピチャピチャと音を立てて目に見えない汚れを落とそうとするかのように舐め取っていく。
薬指を済ませた彩は中指を口に含んで同じように舐めていると、関係のない人差指が唇の周囲を撫でる。
「よく色々と思いつくね。彩はエッチな事が好きだけど健も相当なものだよ・・・きれいになったよ、アソコを舐めたり弄ったり気持ち良くしてくれるんでしょう??・・・もう一度彩の顔を跨いでくれる??」

彩の顔を跨いだ健の股間のモノは萎えることなく屹立したまま嬉し涙を流し続けている。
「アラッ、この子は宙をにらんだままだよ。精力絶倫って風だね、若い、若すぎるほどだよ」
「オシャブリ上手の彩に舐められた指の刺激がチンチンに届いて興奮しちゃったんだよ」

健は腰を揺すって怒張で彩の顔を刷く。
ヌルヌル、ベチャベチャと滴る先走り汁が彩の顔に跡を残し、ナメクジが這い回るとこんな感じかなと思う。
「いやっ、こんな事・・・いたずら坊主はお仕置きしなきゃね」
竿をパクッと口に含んで陰嚢を手の中でコロコロ転がし、陰毛を摘まんでクイクイ引っ張る。
痛くないの??と不満そうな声を漏らした彩は尻の割れ目をなぞり、
「男の人もオチリで気持ち良くなるんでしょう??触って欲しい??」
「嫌いじゃないけど、今朝はトイレにも行ってないから今度にするよ。良いだろう??」
「次に会う時は彩のオモチャを持ってきて可愛がってあげようか??・・・クククッ、期待しているの??穴は見えないけど割れ目がヒクヒクしたよ・・・アンッ、ウグッ、クゥッ~・・・急にそんな」
指を添える必要もないほど、しどけなく開いた割れ目で真っ赤に咲き誇るバラの花の中心に中指一本を添え、ほんの少し力を加えただけでズズズッと吸い込まれていく。
第一関節まで挿入してゆっくり出し入れして円を描くように蠢かす。

ゆっくりした動きは彩に心地好い気持ち良さを与え、鼓動に同調する動きになると快感と共に穏やかな気持ちになってくる。
「おやっ、どうしてだか分らないけど彩は落ち着いたようだね。下半身のいやらしい動きが無くなった」
「激しい動きや奥の方を愛撫されるのも良いけどゆっくりと心臓の動きに同調するような愛撫も良い。落ち着くし彩のペースで昇りつめる事が出来る・・・いぃ、身体が熱くなってきた・・・もう少し激しくして」
ジュボジュボ、ピチャピチャッ・・・言い終えた彩は頭上で屹立するペニスをパクリと口に含んで顔を上下する。

ウッと声を漏らした健は彩の責めを防ぐために股間を下げて喉の奥まで突き入れる。
ウググッ、ゲボッ・・・腰に手を添えて喉の奥を突かれる事を防いだ彩は、
「ウグッ、ハァハァッ・・・息が出来なくなるし涙が出るし、この格好じゃ涙を舐め取ってくれないでしょう??横になる、このままじゃ安心できないもん」
健が上になってのシックスナインの体勢から横臥位に変化すると、
「ウフフッ、これで安心できる。今度変な事をしたらお尻を責めちゃうからね、ウンチが付いても容赦しないよ・・・チンチンで喉の奥を突いちゃダメだけどアソコに入ってる指と舌や唇はダメって言っても動かしてもいいよ」
ズブズブッ・・・指先だけを侵入させていた中指をゆっくりと付け根まで押し込んでいくと、指先に持ち上げられているかのように上半身がせり上がり、口に含んだペニスを吐き出して唇を噛み指先が白くなるほどシーツを掴む。