FC2ブログ

堕ちる

独りで-11

新田のスカウトした女でなければ食ってしまうのにと思いながら、股間の膨らみを隠すことなくマジックミラーに顎をしゃくる。
男の動きに合わせて夏樹を見た紗耶香は、
「えっ、ウソ・・・何するの??本当なの??」
と、独り言を漏らしてマジックミラーに吸い寄せられるように近付いていく。
仰向けに寝かされた夏樹の股間は陰惨な景色を晒している。
紗耶香が男と話している最中に夏樹の陰毛はハサミで無残に切り取られ、切り取った毛を指先で摘まんだ男が胸にハラハラと落としている。


「クククッ、このままでも妙な色気があって好いものの、三人が交代で犯すには、きれいに剃り落とした方が安心できるな」
「そうだよ、激しくやるのは良いけど、毛切れは勘弁して欲しいからな」
「イヤッ、嬲るような事は言わないで、さっさと剃ってよ。興奮でドキドキしているんだから」
シェービングクリームを塗り広げて恥丘に残る恥毛を剃り落し、大陰唇に指を添えて割れ目の周囲をきれいにしていく。
「ハァハァッ・・・アァァッ~ン、ソリソリされちゃった。パイパインにされる・・・恥ずかしい」
目元を赤く染めた夏樹は仰向けに寝たまま頭を持ち上げて股間を覗き込む。
「動くと可愛いマンコが使い物にならなくなるぞ・・・それじゃ、俺たちも困るんだよ・・・」
ツルツルになった割れ目の周囲に指を這わせて感触を楽しんだ男たちは、次の準備にかかる。
ガチャガチャ・・・男たちは無言で浣腸の準備を始め、夏樹に視線を送る素振りもみせない。

いっそ言葉で嬲られていた方が、気が紛れる。存在を無視された様に素っ裸でベッドに横たわり、甚振られる準備が整うのを待っているのは不安ばかりが募る。
何も考えずに男たちを見る視線に力はなく、剃り落されたばかりの股間に指を伸ばして割れ目の縁を静かに撫で始める。
アッアッ、アウッ、いやぁ~ン・・・しどけなく開いた口から甘い吐息が漏れ、身体の芯が疼くような快感に襲われる。

「クククッ、見ろよ。早く浣腸されて前後の穴で遊んでくれって催促してるようだぜ」
「よし、俺も我慢の限界が近付いたし、やっちゃおうか・・・」
キッ~、チュルチュル・・・ガラスのこすれる音がして微温湯を吸い上げる静かな音が夏樹に届く。
「うそ、嘘でしょう??・・・浣腸なんかされたくない。許して・・・オシャブリもするし、ゴックンしても良い。お尻を愛されてもいいの、浣腸は許して・・・」
「何のために浣腸するか分かってるんだろう・・・尻の穴を犯す俺たちのモノにウンコが付いても良いって言うのか??」
「・・・そんな・・・恥ずかしい事を言わせて嬉しいの??意地悪な人って・・・ウフフッ、好きよ」
「そうか、俺たちは親切なんだよ。気持ちの好いセックスは、お互いのモノの相性だけではない。気持ち良く、きれいに終わらなきゃな」
「クククッ、バカッ・・・チンチンにウンチが付いてたら舐めてきれいにしてあげるのに」

「もういい、始めるよ。そのまま仰向けがいいのか四つん這いになって尻を俺たちに突き出すか、夏樹の好きな恰好を選んでいいよ・・・チッチッチ、余計な事は言わなくていい。立ったままの選択も許すけど、早くしろ」
口を開こうとする夏樹を封じるため、チッチッチと舌打ちをして顔の前で立てた指を振った男の口調が激しくなる。

一瞬考えた夏樹は仰向けのまま、男に言われたわけでもないのに両腿を抱え込んで尻を突き出す。
微温湯を吸い上げたガラス浣腸器を右手に持った男は左手でアナル用ローションを掬い取り夏樹の窄まりに塗り付ける。
ジェルタイプのローションは垂れ落ちることなくアナルに馴染み、嫌がる言葉とは違って性的な快感に震える夏樹の心を蕩かしていく。
「どうしたんだ、ジェルを塗る俺の指を吸い込もうとしているようだぞ」
「これ以上、遊ばれたりからかわれたりするのが嫌だから、協力してあげているの・・・浣腸するなら早くして、恥ずかしいのを必死に耐えているんだから」
ハァハァッ・・・浣腸されるのを待ちわびるかのように突き出したアナルがヒクヒクと蠢き、息が荒くなって興奮で乾いた唇を舌が這う。
アンッ・・・筒先が窄まりを捉えるとアナルはキュッと縮こまり、卑猥な期待で可愛い声を漏らす。
「入れるぞ、力を抜かないと怪我するよ」

キュッ、チュルチュルッ・・・ウッ、イヤンッ、ウッウッ・・・押し出された微温湯が侵入すると、眉をしかめて下唇を噛んで白い喉を晒すほど仰け反って違和感を堪える。
「全部入った。もう一度入れるよ・・・俺たちのモノを入れても汚れない位にきれいにしなきゃな。楽しみだろう??」
「イヤッ、お尻を犯しても良いから早く浣腸を済ませて・・・こんな恰好は恥ずかしすぎる・・・アウッ、アワワッ・・・くる、くるッ、変な感じ」
話し終わるのを待たずに二度目の微温湯もゆっくりと注入される。

堕ちる

独りで-10

「おい、自分たちだけが気持ち良くなったんじゃ申し訳ないだろう。オッパイやマンコを可愛がってやれよ」
黒光りする剛棒の持ち主は、からかうような声を掛ける。
それもそうだと顔を見合わせた男二人は女のそばにしゃがみ込んで一人はブラジャー越しに乳房を揉み、残る一人はショーツの縁に沿って腰から内腿を撫で回す。
「どうだ、気持ち良いだろう。オレたち三人が交代で可愛がってやるぞ。一人が果てれば次の男が、その男が果てれば三人目の男が、そのあとは元気を回復した最初の男に代わり、もうやめてくださいと泣いて許しを請うまで犯し続けてやるよ」
「うそッ、そんな事をされたら壊れちゃう、いやっ、許してッ・・・」
哀願とは思えない、甘えを帯びた声が男たちを奮い立たせる。

乳房を揉んでいた男がブラジャーを肩から抜き取り、剥き出しになった膨らみの手触りを楽しむようにヤワヤワと揉み込む。
ウグッウグッ・・・ジュプジュプッ、ヌチャヌチャッ・・・・・・口腔を犯すペニスを咥えた女は乳房に与えられる刺激に一瞬、顔を歪め直ぐに悦びの表情に変化する。
女の顔を見下ろす剛棒の持ち主が乳房を揉む男に視線で合図すると、表情を見ずとも悦んでいる事を知って気を好くし、乳房を揉む手に一層の力を込め首筋に舌を這わせて耳朶を甘噛みする。
「気持ち良いのか??まだまだ、これからだぞ・・・良い声で啼いてみろ」
「ウググッ・・・ハァハァッ、二人でなんて狡い。たまんない・・・」
ペニスを吐き出すことなく口に含んだまま聞き取りにくい、くぐもった声を漏らす。
「オレの事は無視するのか??ここが、どうなっているのか確かめてみようか」
股間に手を伸ばす男がショーツの脇からバギナに指を這わす。
「ヒィッ~、いやぁ~ン・・・見ないで、触っちゃ嫌」

「クククッ・・・たいした女だよ、あんたは。俺たち三人を相手にしても余裕綽々じゃないか」
ついにペニスの根元を摘まんで吐き出した女を見下ろす男は口元を歪めて苦笑いを浮かべる。
「ハァハァッ・・・いやッ、あんた、なんて呼ばないで。夏樹って名前があるの」
「夏樹か、好い名前だ・・・夏樹のマンコにぶち込んでやるから精々サービスしてくれよ」
剛棒で顔中を撫で回して再び唇に近付けていく。
「こんなに大きくてブットイのは、初めて・・・大丈夫かなぁ、こんなのを入れられたら壊れちゃいそう」
根元を摘まんで亀頭に舌を這わせて鈴口をつつく。
「アンッ、いやぁ~ン、いやっ、ヒィッ~・・・そんな、アソコに指を・・・ウググッ・・・」
「何だか知らねぇが、うるさくてしょうがねぇよ。チンポを口にぶち込んで黙らせてくれよ」
衣服を着ていた時の紳士然とした風情は跡形もなくなり、性欲に取り付かれたオスと化した男は言葉でも女を嬲る。
「アンッ、そんな・・・そんな事をされたらオシャブリが出来ない。脱がせて・・・パンツを脱がせて。三人ともハダカンボなのに私だけパンツを穿いているのは恥ずかしい」


マジックミラー越しに見つめる紗耶香は立っているのも辛くなる。
前回の新田と違い、そばに居るのがカジノの人物だと思うと気を許すわけにいかず、必死に平静を装う。
ショーツを脱がされて糸くず一本身に着けるものがなくなった夏樹は、素っ裸の男三人に囲まれて嬉しそうにさえ見える。
男たちに抱えられた夏樹は荒々しくベッドに放り投げられ、左右に一人ずつ、頭の近くに一人が座り込む。
男たちの六本の腕が動き回って三十本の指が離れることなく白い肌を這い回る。

見つめる紗耶香は思わず、ウッと我が事のように声を漏らす。
「どうされました??大丈夫ですか??」
斜め後ろに立っている男が心配そうに声を掛ける。
「エッ、えぇ、大丈夫です・・・いえ、大丈夫じゃないようです」
ふと気が付くと紗耶香の右手は自らの股間に伸び、左手は乳房を揉んでいた。
「恥ずかしい・・・お願いです。絶対に誰にも言わないでください・・・お願いします」
「大丈夫ですよ、恥ずかしくないです。誰にも言いません。安心してください」
振り返った紗耶香の視線は男の股間に吸い寄せられる。
こんもりと盛り上がった股間を隠そうともせずに、
「私の方こそ内緒にしてください。ゲストをご案内中にこんな醜態を見せたと知れると首になってしまいます・・・申し訳ございません」
「良かった。秘密を守ってもらえそう、新田さんには・・・絶対ね、お願い」
ここに至っても新田を信じる紗耶香が可愛く思える。

独り事

迷える中年男子

アラフィフ・・・人生の大台が近付いて色々考えます

同居人は、妻・息子夫婦・息子の息子×2・姪×2(妹の娘:2人とも学生)
その他、ワンコ・メダカ・ドジョウ・イモリ・ザリガニ。。。など
同居外で、ごく親しい女子1
妻とは今も仲良し、風呂は一緒に入るし同じベッドで寝ています(ワンコも一緒ですが)

男性の更年期障害は勃起障害や倦怠感などに現れ、責任感や競争心が強いと起こりやすいと言われているそうです
勝ち負けを競うのは好きだけど負けてメラメラじゃないし、自分に甘く、人にも甘いので、更年期障害は起こりにくいと思っているのですが・・・
現実に、股間は2~3日に一度程度なら元気にボッキッキ~可能

今の不安は、親しい女子と別れた後の事
新たに付き合える相手が見つかるかという不安

他人の目には、くだらない・何を悩んでんだよって思えるような事が、私にとっては大切な場合もあります

相手の女子は、もうすぐ30歳
私からバイバイって言う気はないけど、このまま続けられるとも思えないし継続が幸せになるとも思えない・・・・・

今のままで私は幸せだけど、相手はどうなんだろうって思うのです
身勝手を承知で言えば、これまでのように2年くらいで女子に新しく付き合う男子が出来て振られるって言うのがベストだったんだけど

もうすぐ3年になる付き合い。今では、そばに居るだけで心地好く、なんもしないで女子はゲームや料理、私は雑誌、、、なんてこともあります
相当の、若しくはそれを目的とするような金銭の譲受はナシ

妻に相談できることではないし、親しい友人にも話しにくく独り悶々と時の過ぎるまま。。。。。

・・・で、好い事を思いついチ
誰かに相談したいわけじゃなく、誰に聞かれる事もない場所で気持ちを吐露したいだけ
ここで、時々独り言を・・・・・って、結論に
女子との事を赤裸々にと言うわけではなく、あくまで迷える中年男子の独り言

妻の言葉を借りると、いわゆる、浮気に関して二種類の男がいる
聞いた、イヤイヤ言われたのは30年近く前の事ですが、今でもはっきり覚えています
妻は立小便に例えたのですが、してはいけない事だから絶対にしないと言う男(言葉と違って止むを得ずする事もあるらしいです、、、妻の考えでは)
もう一つは、周囲の人に不快感を与えなければ、しても良いじゃんと考える男
妻の目に私は後者と映ったようです(立小便はしないはずなんだけど)

で、結婚する際に二つの条件を言い渡されました
1)妻よりも若い人と付き合わない
2)付き合う相手は水商売の女性に限る
一つ目は、妻が私より年上という事を気にしての事。私が大学3年生の時に結婚したのですが,いずれ年齢は追いつき追い越すからと約束したのです。30年近くなるのですが、一つも縮まりません。。。。。
二つ目は、金が目当てだろうから長続きしないだろうとの考え。これは妻に大いなる勘違いがあるのですが。。。。。(今もそう思っているかどうか不明??)
で、(1)は残念ながら守る事が出来ませんでした(断言できます、一度も・・・)
(2)は、ほぼ守っています

現在の女子とは、週1で店に行って、週1~2ペースで店外デートや部屋でまったり
女子のお兄さん公認の付き合いです(これはこれで、結構・・・色々と)

これまで親しくお付き合いした女子の中には、私との縁が切れた後、妻と友達付き合いしている人もいます

今日は、ホワイトデー、これからお出掛けします
妻は、昨日で受験を終えた姪2号の慰安を兼ねて買い物に行くようです


これからも時々、グダグダと。。。。。独り言を、、、、、、、

堕ちる

独りで-9

男に案内された部屋は、新田と二人で有紀たちが戯れるのを見たのと同じような作りの部屋だった。
マジックミラー越しに見る部屋では早々と四人が入り乱れて嬌声が響いている。
よく見ると、先日の部屋と違い左右の壁も大きな鏡になっている。4人を覗き見る人たちが他にもいるのかもしれない。
左右にある二つの鏡を見比べると、二つとも上部に赤いライトが付いているが、一つは点灯し、もう一つはスイッチが入っていないようだ。

「ヒィッ~・・・アウッ、ウッ・・・いやぁ~ン、ダメ、ダメッ、許してぇ・・・そんな、男三人でなんて・・・」
男三人は独りの女に群がり、引き千切るようにして衣服を剥ぎ取り、あっという間に下着姿にしてしまう。
嫌がっているはずの女の声は媚びを含んで語尾が甘く上擦り、男たちを誘っているとしか思えない。
「オォゥ~、想像以上に美味そうな身体だな・・・俺の言ったとおりだろ。ルーレットを続けるより良かっただろう」
「見た目だけじゃだめだ。舐めまわして味見し、チンポで掻き回してからの判断だな。先ずは口マンコ技を見せてもらおうか」

仁王立ちの男は女の髪を掴んで引き寄せ、その顔にめがけて腰を突き出す。
「ウッ、ウググッ、痛いっ・・・」
女の表情は乱れた髪に隠れて見えないものの、相変わらず言葉通りに嫌がっているようには思えない。
「ハァハァッ・・・乱暴な男は好きよ。しゃぶってあげる・・・溜まっているんでしょう」
ベルトを外し、下着もろともズボンを下ろして下半身を剥き出しにする。
陰毛に隠れるように萎れたままのペニスに指を添え、髪を掻き上げながら上目遣いに見る表情に男の股間はピクリと反応する。
「ウッ、すごいよ。色っぽい・・・見た目じゃ分からないって言ったけど、俺の間違いだった。見た目通りの好い女で、視線だけで息子が反応しちゃったよ」
「ウフフッ、可愛い・・・興奮するのはこれからよ」
初対面の男の洗っていないペニスを嫌がる風もなく口に含み二度三度と顔を前後する。
「ウゲッ、ウッ・・・急に大きくなるから、びっくりしちゃった。喉の奥をつつくんだもん」
「たまんないよ・・・これ以上しゃぶられると、出しちゃいそうだから休憩だ」
吐き出したペニスは宙を睨んで隆々とそびえ立ち、早くも先端は滲み出た先走り汁でヌラヌラ滑る。
次は俺だと威勢の良い言葉と共に女の顔に向けて下半身を突き出した男も、あっけなく頂上寸前に追いやられ照れ隠しのように、後でヒィヒィ言わせてやるからなと負け惜しみの言葉を残して腰を引く。
下着一枚残さず素っ裸になって待つ三人目の男は、淫汁焼けで黒々としたペニスを股間にぶら下げて女が近付くのをニヤニヤと笑みを浮かべながら立っている。

「エッ、すごい・・・なに??本当なの??」
ペニスの先端を指で摘まみ、鈴口を覗き込んだり裏筋に沿って視線を走らせたりしながら感嘆の声を漏らす。
前の二人は、初めての女を前に多少の緊張もあって陰嚢も縮んでいたが、口に含むとだらしなく勃起した。
目の前のそれは玉袋も傲慢無礼にだらりと垂れさがり、先端を摘ままれた竿は黒光りして剛棒と化す事を予感させる。
「俺のものは、しゃぶってくれないのか??それとも、見惚れて口に含むことも忘れちゃったのか??」
衣服を着けている時の紳士然とした雰囲気は消え去り、凶暴なオスと化した男の責めは容赦がない。
女の髪を掴んで股間を押し付け、息をするのも苦しげに開いた口に無理やりペニスを捻じ込む。
ウググッ、グェッウグッ・・・苦しげな呻き声を漏らしながら喉の奥深くにまで咥え込み、上目遣いの視線は男から離れる事がない。

ジュルジュルッ、ジュバジュバッ・・・ウグッ、フグッフグッ・・・頬を膨らませて顔を前後に動かす女の口元には唾液が滲み出て凄惨な色気をまき散らす。
ゴクッ・・・フェラチオで昇りつめる寸前まで追いやられた二人は、唾を飲み込み見つめていたが下半身だけを剥き出しにした恰好に気付き、全てを脱ぎ捨てて素っ裸になる。

黒光りする剛棒に慣れた女のフェラチオは手慣れたものになり、男の腰を抱いた両手で喉の奥を突かれる事を避けつつ美しい顔を朱に染めて男たちの欲情を煽る。
素っ裸で立つ男二人はフェラチオに熱中する女に近付き、その手を取ってペニスを握らせる。
一瞬の驚いた表情が嬉しそうに目元を綻ばし、口に含んだペニスに舌を絡ませながら二本のペニスを器用に擦る。
フグッフグッ、ジュバジュバッ・・・ニュルニュル・・・仁王立ちの男は女の頭に手を添えて口腔を犯し、両手の中のペニスは先走り汁が卑猥な摩擦音を立てる。


堕ちる

独りで-8

「お待たせ致しました。これより始めます、本日は有料見学可能となっております・・・男性。最低金額200万円。女性希望で原則として落札者が望む奉仕。3回まで可能、複数も可。時間制限はありません。それでは300万円・・・ございますか??」
唐突に始まったオークションは商品である男性がステージの中央に立ったところで始まる。
サキソニーと思える光沢とヌメ感を持つ生地を腕の良いテーラーが仕上げたらしく、歩いても腕を動かしても身体にフィットして崩れを見せない。
300万円の声に、どこからも声はかからず、司会者は男性と小声で話す。
「200万円、複数でいかがでしょうか??」
「私達が50万円。私たちは女性2人なのでカップルで参加される方は居ませんか??」
「私たちが加わりましょう。男の私が100万上乗せで150万・・・どうでしょうか??」
「200万になりました。おあと、参加される方はいらっしゃいませんか??」
その後、声はかからず、男性が加わる事を承諾したので女性2人とカップル1組を加えた計5人で別室に向かった。

「驚きましたか??ご説明いたしましょうか??」
お願いしますと言う紗耶香に男は説明する。
ターゲットとは目標金額に達したらそれ以上のサービスはしないと言う、サービスの限界価格。最低金額は落札価格が多くなれば相応のサービスをするという事。価格の設定は本人が行います。時間は制限時間が、あるか否か。時間の制限なしとは落札者が相対で支払いを追加すれば延長や外で会う事も可能。落札者に対する選択権を保有とは相手を見て拒否する事も可能という事です。有料見学とは言葉通りの意味です。間近で見られることを望む場合もあればマジックミラー越しの場合もありますが、本人の希望に沿います。支払いがなくても両者が納得すれば良いのですが・・・それは我々にコミッションが入らないので好ましくはないですがね・・・ウフフッと愉快そうに笑って説明を終る。
ゴクッ・・・新田に連れられて初めて来た日、有紀と言う女性が男性二人と戯れる姿を見た時も驚いたが、今また目の前の出来事と説明を聞いた紗耶香は唾を飲むばかりで言葉が出ない。
ハァハァッ・・・足が震えているのを意識する。動悸が激しくなり喉が渇く。

「大丈夫ですか??先ほどの男性は一般的には敬意と共に尊敬されるような仕事に就いていらっしゃいます。大げさな言い方をすれば、人を支配できる立場なのですが、精神の均衡を保つために此処では支配される事を好みます。性的にね・・・」
「M・・・つまり、お金はどうでも良い。秘密を共有しても大丈夫な人と一時を過ごしたいと・・・そう言う事ですか??」
「そうです。カジノで負けるのは、そのための方便。勝つと困る方なのです。あえて金額を大きくするのは、相手をする方が支払額に見合う要求をするだろうとの期待です。少額だと満足できる責めを受けられない・・・ざっくばらんな表現をすればね」
「分かったような、分からないような・・・多分、理解できます」
そんな事を小声で話すうち、女性がステージに上る。

「次は女性です。ターゲット1000万円。相手は男性、女性いずれも可、複数も可。2穴同時挿入を含めてアナルセックス可能ですが縛りなど痕が残る事は禁止。剃毛・浣腸可。リミットに達しない場合は延長します・・・それでは1000万、ございますか??」
結局、男性3人組が450万円で落札した。
ゴクッ、ハァハァッ・・・華奢にさえ見える女性が紳士然とした大柄な男三人を相手に悶える姿を想像する紗耶香は、我が事の様に興奮して息を荒げる。
「彼女は目標金額に達しないので、明日もオークションにかけられます」
「借入金の返済のためですか??」
「そうです。しかし、我々の入会審査の際の調査では返済能力はあるはずなのですが・・・預金など流動性のある資産をお持ちのはずですが、セックスでの返済を希望されました」
「間違えていたら彼女に失礼だけど、刺激的なセックスをしたいって事??一石二鳥を狙ったって事ですか??」
「ハハハッ・・・いや、失礼。そうですね、一石二鳥とは言い得て妙ですね。内緒の話ですが、彼女は最近、長い付き合いの男性と別れたようです・・・吹っ切るために刺激的なセックス、あり得ることかもしれませんね」
男性三人と共に別室に向かう女性を見ながら紗耶香に話しかける。
「どうしますか??バカラに戻りますか??・・・それとも・・・」
「正直に言います。バカラよりもセックスを見たい・・・先日、新田さんと女性が男性二人を相手に両方の穴に受け入れて身悶える姿を見たのですが、チャンスがあればもう一度見てみたいと思っていました」
「男性の方はどうですか??男二人に女性三人。どのようなセックスになるか興味ありませんか??」
「そうねぇ・・・男性のうち一人はM、確かに興味あるけど彼女のセックスを見たい・・・三人の男にオモチャにされて身悶える姿を見たいの」
「分りました。ご案内します」
女性10万円の見学料をチップで支払い男の後に続く。