FC2ブログ

M 囚われて

囚われて-37

バギナを抉るペニスが与えてくれる快感に酔う詩織は、窄まりを蹂躙する指に抵抗する気も萎えてしまい、男に抱きかかえられたまま身を任す。
「アンッ、アウッ、いやっ・・・そんな所を・・・ウググッ、クゥッ~・・・」
アナルを嬲る指が気になって背中越しに手を伸ばすと男が下から突き上げ、足に力を込めて踏ん張ろうとするとアナルに挿入した指が壁越しにペニスを擦る。
「詩織、分かる??・・・指がチンチンと挨拶をしてるんだよ。分かる??」
「イヤァッ~、嬲っちゃ嫌だ・・・そんな事をされたら壁が破けちゃう・・・」
不安げな表情で男を見つめる詩織の頬に手を添えて、大丈夫、気持ち良くないの??と囁く男は頬に添えた手で唇を撫でる。
「お尻が・・・気持ち良いような、そうでないような変な感じ」
排泄器官を弄られる経験がそれほど多くない詩織は、アナルに与えられる甘い刺激に堪えようのない欲情が沸き上がり自然と下半身が艶めかしく蠢き始める。

「気持ち良いの??下半身がグニュグニュといやらしく動いてる・・・こんな風に動かすと好いの??それとも、これが好い??」
「あぁ~ン、変な感じ・・・気持ち良いのか悪いのか・・・良く分かんない。アンッ、そんな事をしないで・・・」
窄まりに没した忍の中指は焦らすように引くと見せかけては押し込み、挿入を深くすると思わせ指の腹が膣との境の壁を擦る。
「アワワッ、クゥッ~・・・お尻で指が動くとオチンポがピクピクする・・・イヤンッ、指を動かさないで・・・おかしい??変じゃない??お尻を弄られて気持ち良くなるなんて変じゃないよね??」
二人に弄ばれて被虐心を募らせ、アナルを弄られる羞恥心もなくなった詩織は前後の穴を刺激される悦びを堪えるため、唇を噛み眉間に皺を寄せる。

二つの穴をペニスと指で埋められ、唇を指先でなぞられるだけでは物足りなく思う詩織は、指に舌を絡ませて口の中を犯すように催促する。
潤んだ瞳で男を見つめ、唾液を飲み込んで乾いた口腔を温かい息で満たしてペニスに見立てた指を優しく包み込む。
「温かくて気持ち良いよ。すぐに舌を絡ませるのかと思ったけど、なかなかのテクニシャンだな、詩織は・・・」
「ふ~ん、フェラが上手なんだ・・・二度も口の中で爆ぜたんだもんね、上手なわけだ・・・ご褒美にお尻を気持ち良くしてあげるから・・・詩織、どうなの、気持ち良くなりたい??」
指を含んで舌を絡ませている口は言葉を発することが出来ず、小さく頷いて尻を艶めかしく揺すって返事に代える。

クチャクチャ、グチュグチュ・・・視線を逸らすことなく男を見つめたままでねっとり舌を絡ませ、乳首で男の胸を擦る余裕を見せる。
「詩織、二度も口の中に放出した私が言うのもなんだが、テクニシャンなんて言葉じゃ失礼だな・・・指を舐められて乳房の先端で胸を擦られるだけで逝きそうになっちゃうよ」
「えっ、本当なの??・・・詩織と二人きりで遊ぶのが楽しみ・・・チンチンって必要ないって教えてあげる・・・今日じゃないよ、この人が妬くといけないから明日ね・・・」

男は詩織の腰を掴み、押し付けた股間をグリグリ動かして恥骨を刺激しつつ挿入したペニスで膣壁を擦る。
「イヤンッ、激しくないのに身体が芯から熱くなってくる・・・もっと、お尻も苛めて・・・」
ウフフッ、そうなの??・・・忍は嬉しそうな声を漏らしてローションの容器を持ち詩織に見せつける。
「これを、もっともっと使おうね・・・お尻に垂らして私の指にもいっぱい塗るんだよ。1本だけではなく2本の指にね・・・どう??嬉しい??」
詩織の目の前で見せつけるように揃えた2本の指にローションを垂らす。
粘度の高いローションは垂れ落ちることなく指に絡み、見つめる詩織の瞳は期待で妖しく揺れる。

M 囚われて

囚われて-36

「ダメだよ、詩織。私も、この人も自棄になってするセックスは好きじゃない。人間以外の生き物は種の保存のためのセックス。人間だけが会話のツールとして、あるいは楽しみとしてのセックスを許されているんだよ・・・中には、子孫を残すためだけに生まれてくる生き物もいるんだからね。セックスは大切なの、本気で楽しまなきゃ・・・」
「分かっているのに、からかってる・・・自棄になるどころか、こんなに気持ち良くなっているのを知ってるくせに・・・」
「ウフフッ、知ってるよ・・・チンチンが出入りするたびに、グチャグチャ、ヌチャヌチャって、いやらしい音がするし粘液がチンチンに絡んで白くなってきてるもん」

忍は結合部に指を伸ばして滴るマン汁をすくい取り、ニコッと微笑んで口に運ぶ。
「イヤンッ、恥ずかしい・・・私の蜜は良いけど、チンチンから出た先走り汁を取っちゃ嫌だ」
「フフンッ、じゃ、返してあげる」
言いざま、忍は詩織の頬に手を伸ばして唇を重ねる。
二度目とあって身体を寄せ合う事はないもののキスは濃密なものとなり、見つめる男は唇が渇き動悸が激しくなる。
詩織は男のペニスを背後から受け入れ、忍に対しては受け身のままで手を伸ばす事もなく、二人の手が前後から肌をまさぐるのを、悦びの声を漏らす事もなく静かに受け入れて身悶える。
「アンッ、ウッウゥッ~・・・イヤンッ、クリトリスをそんな・・・クリを刺激されたら、漏らしちゃいそう・・・」
「良いよ、漏らしちゃっても・・・詩織のなら飲んであげる・・・クククッ、我慢しなくてもいいよ」
ピチャピチャ、クチャクチャ・・・詩織の股間に顔を埋めた忍は音を立てて滴るマン汁を啜り、ペニスに絡んだ白濁液を舐め取る。

忍は視線で男に合図を送り、男は詩織の身体を軽々と扱い騎乗位に変化させる。
「いやんっ、上になれば良いの??」
「私は体位を頻繁に変化させるのは好きじゃないが、忍の希望とあればしょうがない・・・」
久しぶりに口を開いた男を気にする様子もなく詩織の背後に回った忍は、背中を押さえて二人の身体を密着させる。
「スケベな詩織は自由に動ける騎乗位も好きでしょう??詩織はキスが好きなようだから、してもらいなさい・・・私は、ここで遊ぶから」

「えっ、なに??なに、何してるの??・・・いやぁ~、やめて・・・」
排泄口の周囲を這い回る指から逃れようとしても、背中と首に回した男の手に抱き寄せられて詩織の思いはかなわない。
「どうした??私から逃げようとしているようだけど、何か気に障る事をしたかな??・・・もしも、気になる事をしたなら謝るよ」
「いやだっ、勘違いしないで・・・忍が変な所を触っているの」
口元に笑みを浮かべた忍は密かに男と視線を交わし、アナル専用ローションを割れ目の頂上に垂らす。
「イヤッ、何をしてるの??・・・そんな所を触んないで・・・アウッ、キスなんか・・・したく・・・ない」
粘度が高くゼリーのようにも感じるローションを垂らされた詩織は窄まりに力を込めて、言葉も荒く抗ったものの、抱き寄せられた男に唇を合わされて舌の侵入を受け入れると抵抗は止み、艶めかしく尻を振ってしまう。
「好い子だね、詩織は・・・キスが好きなんだ。覚えとくね・・・」
アナルを弄る忍の指が与える違和感が徐々に快感に変化していき、からかうような言葉に頬を赤らめる。
男は舌を重ねて周囲を這い回ったり、歯茎を舐めたりと詩織に考える余裕を与えることなく口腔を犯し続ける。

「ウッ、アウッ、ハァハァッ~・・・うっ、アッ、あわわっ・・・クゥッ~」
キスに酔いアナルに込めた力が抜けると忍の指は難なく窄まりに没し、バギナにペニスを挿入されたまま力なく男の胸に倒れ込む。
忍の指は出入りすることなく小さな円を描くようにしてアナルを慣らし、窄まりが弛緩し始めたのを確かめて、ゆっくり出し入れする。
「いやらしい・・・分かる??お尻が抵抗なく私の指を受け入れているのを・・・詩織はアナル遊びが好きなんだね」
「ウググッ・・・そんな事を言わないで。お尻を弄られた事は・・・そんなにない・・・アンッ、いや、出したり入れたりしないで・・・ウンチが出そうになる」
「あらあら、オシッコが出そうって言ったり、ウンチが出るって言ったり。詩織、下品だよ。恥ずかしくないの??」
「おいおい、忍。可愛い詩織を苛めんなよ・・・オシッコが出るって言っても出なかったんだから、気にする事はないよ・・・気持ち良くしてやんなきゃ」
「イヤァッ~・・・クゥ~、アワワッ、いいの、気持ちいぃ・・・」
息の合った言葉嬲りに悲鳴にも似た叫び声を上げた詩織は、ペニスに激しく突き上げられて悦びの声を漏らす。

M 囚われて

囚われて-35

男と別れたばかりで三連休の予定もなくなり一人寂しく過ごす事を覚悟していた詩織は、金曜日の退社後、食事のために立ち寄ったホテルで見知らぬ男と出会い予期するはずもない淫靡な時間を過ごす事になった。
初対面の男に好意を抱いたのだが、他人の目を意識しながら羞恥責めで胸を焦がし、SM器具が鎮座する部屋に閉じ込められて目の前で放尿させられたり、陰茎を口に含んで迸りを喉の奥深くで受け止めたりしてもバギナに挿入される事はなかった。
SMチェアに拘束されて胸や股間を隠す術もない状態で責められていたところに、両刀遣いと言う忍が参加した。
首に巻かれた犬用の首輪から伸びるリードを引かれて地下室から寝室まで犬歩きで移動し、忍から甘い責めを受けて快感が頂点に達する寸前で陰茎の侵入を受け入れた。
それは、詩織にとって待ち望んだ瞬間であり、忍に見られているのも構わずに歓喜に打ち震える。

男が詩織の腰と肩を抱いて根元まで押し込むと、詩織の口から、ウッウゥ~と甘い吐息が漏れ、腰を引くと愛液にまみれた怒張が血管を浮き上がらせて姿を現し、詩織は、アァァッ~と長く尾を引く喘ぎ声を漏らす。
結合部を見つめる忍の瞳は真っ赤に染まり、それを見た詩織は、
「私も見たい、チンチンが出入りする私のオマンコを見たい・・・犯されているアソコを見たい・・・」と声を上擦らす。

「ねぇ、可愛い詩織の頼みだよ。あなたのブットイので犯されている様子を見たいんだって・・・見せてあげて」
正常位から詩織の脚を抜いて背後に回り、左半身を下にした後側位に変化する。
「詩織、結合が浅くなって不満かもしれないけど、よく見えるはずだぞ・・・忍、スタンドミラーを用意してくれないか」
「忘れたの??スタンドミラーは下に置いたままだよ・・・待ってて、卓上ミラーを持ってくるから」

背後から詩織を抱きかかえた男は、髪の生え際から耳まで舌を這わせて息を吹きかけながら囁く。
「鏡が来るのを待てないだろう・・・手を伸ばして確かめてごらん」
男の言う通り結合は浅く、物足りなく思う詩織は片足を上げて尻を押し付け、満足の笑みを浮かべてバギナに指を伸ばす。
「アンッ、入ってる・・・チンチンが入ってる。すごい、オシッコの通り道がこんなに膨らんでる」
「クククッ、オシッコだけじゃないだろう??満足の証を子宮に向けて放出する通路にもなるんだよ。膨らんでるって事は詩織の身体に満足してるって事の証明だな・・・温かくて気持ち良いよ」

「楽しそうね、何を話してたの??・・・良いよ、気にしなくても。鏡を持ってきたからチンコを咥え込んでいるエロマンコを見なさい」
ハァハァッ、いやぁ~ン、すごい・・・後側位で背後から貫かれた詩織は両手を伸ばしてバギナに侵入するペニスに触れて息を荒げている。

鏡の中の痴態は結合が浅いために膨れ上がったペニスの裏筋がまがまがしく見えて、見つめる詩織は驚きの中で芽生える期待に胸が張り裂けそうな高まりを覚える。
「アァッ~ン、見える。すごいッ・・・ぶっといのが入ってる・・・オマンコが捲れ上がってる・・・アァ~ン、今度は巻き込みながらチンコが入っていく・・・クゥ~、来るくるっ・・・ウググッ」
ヌチャヌチャ、グチュグチュ・・・ングッ、ゴクッ・・・詩織、見ろ・・・いやぁ~ン、いいの・・・忍は卑猥な音を立てる結合部を見つめて唾を飲み、意識しないままに両手を自らの乳房に伸ばす。
「うっ、詩織を見ていると私も気持ち良くなっちゃう・・・気持ち良いの??チンチンを入れてもらうのが良いの??妬けちゃう・・・」
詩織の視線は鏡の中のペニスから乳房を揉む忍に移り、いやらしく唇に舌を這わせて注意を自らに引付け、目の動きで男とつながる股間に誘導する。
詩織は右足を跳ね上げて大きく開き、両手を大陰唇に添えて結合部を見せつける。
しどけなく開いた口から這い出た赤い舌が滑りを与え、グロスを塗ったように明かりに反射する唇に引き寄せられる忍は、そっと唇を重ねる。

「詩織は思っていたよりも、ずっといやらしい。清楚なお嬢様かと思っていたのにエロすぎ・・・でも、そんな詩織が好きだよ。見なさい・・・男を食べ尽くしてしまうオマンコを見なさい」
「いやらしい・・・私じゃないみたい。こんなスケベマンコガ私のものなの??ぶっといのが出たり入ったりすると入口が捲れたり引き込まれたり、チンチンと離れるのは嫌だって言ってるみたい・・・」
二人のやり取りを聞いていた男は身体を反らせて上半身を離し、詩織の右足を掴み股間を密着させて突き入れる。
「ウググッ、こんな・・・すごいっ・・・もっと・・・もう、どうにでもして」

おとぎ話

歳の差-6

テーブルに押し付けた希美の背後から押し入った男はつっぷしたままの希美を見つめ、聞いたばかりの言葉を思い出して胸を熱くする。
40代半ばの男には30歳になると言う希美が眩しい。
カウンターを挟んでママと客として話をするとき、何気なく話した言葉に微妙な隙間を感じる事がある。
男の怪訝な表情に気付いた希美はすぐに話題を変えてくれる。
希美の歩いてきた道は男も15年違いで見てきているので細部までは理解できなくても大雑把には理解できる。
希美が男の事を好ましく思っている事を感じていても、オレも希美が大好きだよと言うには躊躇する事がある。
15歳の年齢差は普通の知り合いなら何も問題にならないし、親しければそれも承知の事と言えるが、希美との関係は微妙で、その二つの狭間で揺れ動く。
二人が育った時代は15年の差と言え、流行が違うし社会背景もそれなりに違う。

「どうしたの??何か他の事を考えていたでしょう??・・・愛する人の事には敏感になるんだからね・・・」
「ごめん・・・希美とどこの海を見ようかと考えていた。忘れられない思い出になりそうだから大切にしないと・・・ごめんね」
「うん、信じる・・・ありがとう・・・でも、今は・・・」
嘘を信じた振りをする希美を愛おしく思うものの自分の気持ちを持て余す男は、腰を掴んで両足を一層大きく開かせ、ペニスの先端がコリッとした感触を得るまで奥深くに突き入れる。
「ヒィッ~・・・ウググッ、きついっ、いいの、もっと・・・」
十分に満たされない想いを身体で補おうとして、尻を突きだして腰を振る。

親指の縛めを解いて目隠しを外すと眩しそうに目を細めて周囲を見回し、テーブルに突いた両手を支えに身体を持ち上げて男の股間に尻を押し付ける。
頭を上げた希美の目の前に粘液が作った大きな染みが出来ている。
「その水溜りは何だと思う??・・・氷が融けたのにしちゃ粘度があるだろう??」
「イヤンッ、分かんない・・・変な事を聞かないで」
「本当に分からない??それは困った。舐めて確かめなさい。お客様が使用するテーブルが何だか分からないもので汚れているのは良くないだろう」
意地悪、ハァハァッ・・・一瞬躊躇したのち希美は舌を伸ばして滴り落ちた蜜を舐め取る。
「どうだ、美味いか」
「アァ~ン、雅之のなら美味しいと思うけど自分のじゃ・・・恥ずかしいだけ」

髪を振り乱して身悶える希美に覆い被さり、右手を伸ばしてクリトリスを弄り左手で乳房を揉んで乳首を摘まむ。
「ハァハァッ、すごい・・・こんな感じは初めて。目隠しや手を縛られた後で、後ろから思うさま可愛がってもらうと雅之の女になったような気がする・・・大好き、キスして・・・アァ~ン、届かない」

クリトリスと乳首を愛撫していた手を尻の割れ目に添えて大きく開き、
「希美の恥ずかしいところが丸見えだぞ。クチャクチャ音を立ててオレのが出入りするマンコが良く見えるし、尻の穴も丸見えだ。好い女は尻の穴も可愛いな」
イヤッと言いざま手を伸ばして男の手を払い、身体を捩って男を見つめた希美は、拗ねた表情でキライと甘え声を口にする

結合を解いた男はボックス席のソファに座り、目の前に立たせた希美の全身に見入る。
「いやっ、恥ずかしい・・・見ないで」
誇らしげに立つとは言えないものの、言葉とは裏腹に自らの裸身を隠すことなく毅然と立つ希美は頬を朱に染める。
「きれいだ・・・おいで、オレの腿を跨ぐんだよ」
コクンッと頷いて近付き、ペニスの根元に指を添えて視線を絡ませたまま、ゆっくり腰を下ろしていく。
ウッ・・・アッアウッ、アァ~ン・・・唇を噛み、一瞬目を閉じた希美は再びペニスを膣の奥深くまで飲み込み、男の首に手を回してしな垂れかかる。
「希美は好い匂いがするな・・・」
この場にそぐわない事を口走る。
「何、突然どうしたの??」
「これから毎日、この匂いを感じながら過ごすのかなと思って・・・」
「ほんとう??私を背負う覚悟してくれたの??」
「他の男にこんな好い女を持って行かれたくないからな、希美さえ嫌でなければだけど」
「ばかっ、待ちくたびれたんだから・・・待たせた罰だよ。いっぱい気持ち良くしてくれなきゃ許さない・・・」

希美が見つめる男の顔は上気している。希美は自分の顔も上気しているであろうことを感じている。
今、この時間を大切に思えばこそ興奮し、それが表情に出る。
「可愛いよ、大好きだ・・・待たせちゃってゴメン」
上気した顔で見つめられ、髪や背中を撫でられながら耳元で愛を囁かれるだけで心が熱くなり、身体の疼きを止められない。
希美はキスをせがんで目を閉じる。

バギナに侵入したペニスは温かい膣壁に包まれ、男は身体も心もリラックスして密着感を楽しむ。
激しい動きは必要ない。唇を合わせて互いの身体をまさぐり、相手の体温を感じて鼓動を感じる、それだけで豊かな悦びに満たされる。

腿を跨いだ希美の下半身が新たな刺激を求めて淫靡に蠢き始め、それを感じた男は両手で腿を支えるようにしてペニスを突き上げる。
「ウッ、ウッ、アァァ~ン・・・・・雅之に愛されて感じている私を見られるのが、こんなに幸せなんて・・・」
肌と肌を合わせると心と心のつながりが密になり、身体さえもが融けて同化するような安心感に包まれる。
男は歳の差を意識することなく希美を愛することを誓い、希美は待ち望んだ男の告白に胸を熱くする。


                                                <<おしまい>>

おとぎ話

歳の差-5

希美の股間に挿入したままのバースプーンをゆっくりと出し入れしながら指先が頬を撫でて首を這い、鎖骨の窪みをなぞった後は乳房の麓を一周する。頂上に向けて撫で上がり、先端の膨らみを指の腹でクリクリと刺激し、有無を言わさず摘まんで捻る。
ウッ、クゥッ~・・・目隠しのせいで目の動きは見えないものの表情は苦痛でゆがむ。
バースプーンのピストン運動は相変わらずゆっくりと変化することなく繰り返され、動きに慣れた希美は縛られた両足から力を抜いて嬲られながらも快感で下半身をくねらせる。
男はアイストングを手に取り、二つ目の氷を掴んで肩を撫でる。氷による愛撫に慣れた希美はくすぐったそうに身を捩る事はあっても嫌がるそぶりを見せる事はない。
氷は融けて鎖骨の窪みに水たまりを作り、溢れ出た水は胸の谷間を目指す。

男は希美の肩に手を掛けて、じっと見つめる。
目隠し越しに男の視線を感じる希美は恥ずかしさに居た堪れなくなり、イヤッと羞恥の声を漏らして顔を背ける。
無言のまま顎に手を掛けて正面を向かせると、許して・・・と、か細い声を漏らして肩を震わせる。
鎖骨の窪みに溜まった水を、ズズズッと音を立てて飲み乾し、滲んだ跡を追って乳房の谷間まで舌を這わせる。
滴る水を舐め取られる希美はハァハァと息を荒げて全身を小刻みに震わせ、視覚を奪われて鋭敏になった身体に与えられる直接的な刺激に身悶える。
アウッ、アンッ、イィッ~・・・火照った身体を冷やした氷は姿を変えて身体を滴る水となり、それは男の舌と唇によって舐め取られていき、全身が性感帯のようになった希美の口から吐息とも喘ぎ声とも区別のつかない声が間断なく漏れ始める。
肌に触れる氷の冷たさを心地良く感じたのも一瞬で、男の唇や舌が触れた肌は熱を帯び始める。
股間からジュクジュクと滲み出たマン汁がテーブルと腿の間に溜まり、身悶えるたびにヌチャヌチャと淫靡な音を立てる。

男はバギナに挿入したままのバースプーンを二度三度と出入りさせてから抜き取り、掬い取ったマン汁を希美の舌に垂らす。
「美味いか??自分のものを味わうのは、どんな気持ちだ??」
「分かんない・・・それより変なの、身体中が熱くてドキドキする。私はどうなっちゃったの??」
「どうにもなんないよ。希美は希美らしくエロッポクだな」
「いつもの私と違う・・・どうなっちゃうの??」
「同じだよ、希美は何も変わらない・・・滑りを帯びた唇、肌が薄くて白いオッパイは青筋を浮かべているし、乳輪が興奮して膨らみ乳首が勃起してる。下腹部の膨らみを丁度いいし、腰から腿へのムッチリ感も堪らない、おいしそうだよ」
男は唇から順に指を這わせて言葉と共に愛撫する、
「あぁ~ン・・・我慢できない・・・エロイ私を満足させてちょうだい、はやくっ・・・」

両足の拘束を解き背中を抱きかかえるようにして立たせた希美をテーブルに押し付ける。
「アンッ・・・冷たくて気持ち良い」
両手を背中で拘束されたままなのでテーブルに押さえつけられても支えることが出来ず、乳房は拉げて心地良い冷たさを感じる。
男は希美に、両脚を大きく開いて尻を突き出しなさいと指示する。
隠したつもりでも他人に悟られていた秘めた恋心の相手に、両手の自由と視覚を奪われただけでゾクゾクするような悦びに包まれている希美は、大きく足を開いて腰を突きだし、愛液を溢れさせてしとどになったバギナをあからさまに晒す。

男はペニスを掴んでバギナに擦り付ける。
クチャクチャ、ヌチュヌチュ・・・あっあうっ、いやぁ~ン・・・ズズズッ・・・あわわっ、クゥゥッ~・・・男が腰を突き出すとペニスは難なくバギナに姿を消し、希美はテーブルに突っ伏したまま愉悦の声を漏らして身体を震わせる。
親指を縛られて両手の自由を奪われたために身体を支える事も出来ずに乳房は拉げ、頬をテーブルに付けると冷たさと共に愛する男に征服される悦びで胸を焦がす。
「あぁ~ン、これが好いの。激しいのがいぃ・・・優しいばかりじゃダメ。思うがままに操られると、雅之のものにされたようで嬉しいの。希美はオレのものだって言って、誰にも渡さないって言って・・・おねがい」
「希美はオレのものだ。他の男に気を惹かれるんじゃない・・・オレだけを見ろ」
「クゥッ~、すごい・・・奥まで、子宮を突かれてる・・・ヒィッ~・・・待ってたの、雅之のものになる日を待ってたの。信じて好いんだよね・・・」