FC2ブログ

独り事

迷える中年男子

アラフィフ・・・人生の大台が近付いて色々考えます

同居人は、妻・息子夫婦・息子の息子×2・姪×2(妹の娘:2人とも学生)
その他、ワンコ・メダカ・ドジョウ・イモリ・ザリガニ。。。など
同居外で、ごく親しい女子1
妻とは今も仲良し、風呂は一緒に入るし同じベッドで寝ています(ワンコも一緒ですが)

男性の更年期障害は勃起障害や倦怠感などに現れ、責任感や競争心が強いと起こりやすいと言われているそうです
勝ち負けを競うのは好きだけど負けてメラメラじゃないし、自分に甘く、人にも甘いので、更年期障害は起こりにくいと思っているのですが・・・
現実に、股間は2~3日に一度程度なら元気にボッキッキ~可能

今の不安は、親しい女子と別れた後の事
新たに付き合える相手が見つかるかという不安

他人の目には、くだらない・何を悩んでんだよって思えるような事が、私にとっては大切な場合もあります

相手の女子は、もうすぐ30歳
私からバイバイって言う気はないけど、このまま続けられるとも思えないし継続が幸せになるとも思えない・・・・・

今のままで私は幸せだけど、相手はどうなんだろうって思うのです
身勝手を承知で言えば、これまでのように2年くらいで女子に新しく付き合う男子が出来て振られるって言うのがベストだったんだけど

もうすぐ3年になる付き合い。今では、そばに居るだけで心地好く、なんもしないで女子はゲームや料理、私は雑誌、、、なんてこともあります
相当の、若しくはそれを目的とするような金銭の譲受はナシ

妻に相談できることではないし、親しい友人にも話しにくく独り悶々と時の過ぎるまま。。。。。

・・・で、好い事を思いついチ
誰かに相談したいわけじゃなく、誰に聞かれる事もない場所で気持ちを吐露したいだけ
ここで、時々独り言を・・・・・って、結論に
女子との事を赤裸々にと言うわけではなく、あくまで迷える中年男子の独り言

妻の言葉を借りると、いわゆる、浮気に関して二種類の男がいる
聞いた、イヤイヤ言われたのは30年近く前の事ですが、今でもはっきり覚えています
妻は立小便に例えたのですが、してはいけない事だから絶対にしないと言う男(言葉と違って止むを得ずする事もあるらしいです、、、妻の考えでは)
もう一つは、周囲の人に不快感を与えなければ、しても良いじゃんと考える男
妻の目に私は後者と映ったようです(立小便はしないはずなんだけど)

で、結婚する際に二つの条件を言い渡されました
1)妻よりも若い人と付き合わない
2)付き合う相手は水商売の女性に限る
一つ目は、妻が私より年上という事を気にしての事。私が大学3年生の時に結婚したのですが,いずれ年齢は追いつき追い越すからと約束したのです。30年近くなるのですが、一つも縮まりません。。。。。
二つ目は、金が目当てだろうから長続きしないだろうとの考え。これは妻に大いなる勘違いがあるのですが。。。。。(今もそう思っているかどうか不明??)
で、(1)は残念ながら守る事が出来ませんでした(断言できます、一度も・・・)
(2)は、ほぼ守っています

現在の女子とは、週1で店に行って、週1~2ペースで店外デートや部屋でまったり
女子のお兄さん公認の付き合いです(これはこれで、結構・・・色々と)

これまで親しくお付き合いした女子の中には、私との縁が切れた後、妻と友達付き合いしている人もいます

今日は、ホワイトデー、これからお出掛けします
妻は、昨日で受験を終えた姪2号の慰安を兼ねて買い物に行くようです


これからも時々、グダグダと。。。。。独り言を、、、、、、、

ついに、この日が・・・寂寥

金曜日、お昼すぎに着信メール
親しい女子からで、19時頃うちへ来ないかとのお誘い
オミズを上がったのが3月末、4月からお兄さんの経営する会社に就職
で、マイルールでは付き合いを止めるべきだったのですが、そのまま・・・
土曜or日曜にお出掛けするか女子の部屋でノンビリ+金曜の夜は、ほぼ毎週バーや居酒屋など酒の飲める店へ
夜のお勤めだった時、毎週金曜に店に通ってた名残りのようなもんです
何もせずにいても居心地が良く、いつまでも続けられる付き合いじゃないのは分かっているので、居心地の良さが却って将来への不安を感じさせるほどでした

聞かされたのは、勤務先の先輩と交際を始めたとの事
私との関係はお兄さん夫婦もご存じだったのですが、今回の事については会社の将来にも役立つとの事で大賛成らしいです
そこまで聞けば異を唱える事など出来ません
今まで、ありがとうの乾杯を紅茶で、その後は、付き合う事になった男子の話を聞いたり過去を語り合ったりで最後の時間を・・・・・
一切揉める事なく、すべてを楽しい記憶に出来たのを嬉しく思いつつ、時間の経過と共に寂しさも・・・

タイガーコペンハーゲンの東京進出前、日帰りで大阪まで行った事もありました
私は同宿せず実家泊まりで、彼女が1人で近くのホテルに宿泊したこともありました
彼女の部屋であれホテルであれ、日付が変わるまで2人でいた事はただの一度もありませんでした
彼女が風邪を引いた時、土鍋でお粥を作ってあげた事があるのですが、それ以降、苦手だと言っていた料理を勉強してるのが健気でした

今、一番に思い出すのは、「私はあなたの愛人」が口癖だった事
「オレが思うに愛人って金銭的に面倒をみるイメージなんだけど、そんな事は申し訳ないけど一切してない。だから愛人じゃない」
「いいの。愛人って言う言葉の響きが好きなんだから」
ごっこ、だったから修羅場はなく好い想い出だけを残してくれたのかなと。。。。。

3月末に引っ越しをする際、お兄さんが手伝うと聞いていた事と、夜の仕事から昼の仕事に引っ越すための住まい変更
彼女から手伝ってくれと言われない限り、私からは口にするまいと思っていたのですが、荷物を運び出して妙にスッキリした部屋で会った時、終わりが近づいた予感がしました

どっかに針が刺さっているような納得できない部分もあったのですが、こうやって書くことでチョイとスッキリしたような気がします
まるっきり、スッキリするのも本意じゃないのでここらでオシマイにします

大好きな妻がいますが、新しい恋もしてみたい
夏、恋の季節になるでしょうか。。。。。