FC2ブログ

彩―隠し事

彩と健志 -1

カーテンを開け放った窓を背にして、シャツのボタンを一つ、また一つと外した彩は、シャツの中に忍び込ませた手の平で乳房を包み込んでヤワヤワと揉み始める。
シャツの中の動きは見えないものの手は艶めかしく動き、ウッと吐息を漏らして下唇を噛んだ妖艶さに堪えられなくなった健志は、直ぐに戻ると言い置いて冷蔵庫の前に立つ。

フゥッ~と息を吐き、冷蔵庫を開けて二個のタンブラーとボンベイサファイアジンとシュウェップストニックウォーターを取り出す。
グラスに氷を入れてジンを注ぎ、ライムを絞りそのままグラスに放り込んでバースプーンで軽くステアする。
トニックウォーターを静かに注いでドライフルーツとチーズと共に元の場所に戻り、精一杯余裕のある振りを装って椅子に座る。

灯りを落とした部屋の窓辺で夜の街の明かりや月明りを背にして立つ彩の魅力に負けまいとして、余裕を取り戻すためにジントニックをゴクリと飲む。
「もう一つは彩のでしょう??昂奮して喉が渇くから頂戴」
ジントニックを飲んだ彩は、
「ジントニックって男の飲物かと思っていたけど癖がなくて飲みやすい……好きになりそう。きれいなボトルのジンだったけど、健志のこだわりなの??」
「ボンベイサファイアジンって言うんだけど、瓶の色がきれいだったから選んだんだよ……彩に一目惚れしたのと同じでまずは見た目に惹かれて、ジンの味を好きになるのはその後だったよ」
「クククッ、彩もそうなの??一目惚れから始まったんだ、フ~ン。初めて会った時は、パンツ一枚で縛られた彩、それが良かったんだ、そうなんだ……念のため聞いとくね、トニックウォーターを選んだ理由を」
「彩が飲んだのはグレープフルーツパッションだけど、気に入ってくれた??」
「大人の炭酸飲料って感じがする。柑橘系の酸味とすっきりした甘さが口の中で広がる……嫌いじゃない」
「そうだろう、パッションフルーツが夏の好きな彩に似合うかなって買ったんだよ。メーカーがシュウェップスなのでトニックウォーターもシュウェップス」
「クククッ、味のこだわりはないんだ」
「そんな事、考えたこともない。先ず見た目、その後は好きになるかどうかだけ……もっと好きになりたいからエッチな彩を見たい」

「改めてエッチな気持ちになるのって難しい。協力してくれる??」
「フフフッ、紳士ならキスで気分を盛り上げるのかもしれないけど……彩、オレの顔を見なさい。にらめっこじゃないんだからアッカンベェはダメ、ふざけちゃだめだよ」
「えっ、どうするの??これでいいの、なんか恥ずかしい」
照れくささを隠そうとして舌を出し、アッカンベェといった表情から笑みを消した彩は健志を真っすぐ見つめるものの直ぐに羞恥を露わにして伏し目になり、それがまた健志の琴線に触れる。
「可愛いよ、彩。可愛いくて色っぽい彩のストリップを見せてくれるね??」
「色っぽい曲を用意してくれないと無理」

部屋の灯りをすべて消した健志が二人の間にあるテーブルに置いたアロマポットの中のキャンドルに火を点ける。
ハーレムノクターンが流れ始めると、テナーサックスの伸びやかな低音が心に染み入り薄れていた卑猥な思いが徐々に蘇り、彩の両手が交差してシャツ越しに両の乳房を愛撫する。

精力的に仕事をこなして貞淑な妻が昼間の姿、夜になると気分次第ながら清楚で上品な彩が奔放で淫らな女に変化することがあり、今日はテナーサックスが奏でるハーレムノクターンとアロマキャンドルの妖艶な香りが道標となって淫靡な世界に誘ってくれる。
キャンドルの艶めかしい香りが部屋を満たして自らの熱で炎が揺らめくさまは嗅覚と視覚を刺激し、テナーサックスが奏でる曲が聴覚をくすぐる。
五感の内、臭覚と視覚、聴覚を刺激して性感を高める彩は、チーズをつまみにしてジントニックを飲む健志の愛撫を期待できないために乳房を愛撫する手に力を込めて目を閉じ、ハーレムノクターンの曲に合わせて身体を揺する。
「ウッウッ、イヤァ~ン、気持ちよくなっちゃう……ブラジャーのホックを外してくれる??」
腰をくねらせて近付いた彩はソファの肘掛けに腰を下ろして耳元で囁き、さっと股間に手を伸ばす。
「なんだ、昂奮してない。彩に魅力がないのかなぁ??自信がなくなっちゃうな」
背中を向けて肩を落とし、がっかりしたような風情の彩に、
「ごめん、夜景を背にした彩の美しさにエッチな気分がどっかに行っちゃったよ。ごめん」
「クククッ、本当に怒っていると思ったの??外して、早く」

「若い時の彩なら怒ったかもしれないよ。若い男が片手でスムーズにブラジャーを外すのって遊び慣れてるようで感じ悪かったもん。ぎこちなく両手で外してくれると安心できたな……あっ、勘違いしちゃだめだよ。健志が想像するほど遊んでたわけじゃないからね」
「可愛いな彩は……クククッ」
シャツ越しに右手だけで器用にホックを外されたブラジャーを会話を続けながら、これまた器用にシャツを脱ぐことなく抜き取った彩はグラスに付いた水滴を指先に付けて乳房の先端を濡らす。
濡らしたシャツ越しに浮かび上がる乳首は膨らみの量感に比べて可愛く、色素沈着も薄く見えて健志の股間を刺激する。

シャツを突き破らんばかりに尖る膨らみの先端を舐めて滑りを与えた指の腹で擦り、アンッ、気持ちいぃと艶めかしい声を漏らす。
乳房を両手で揉みしだき気持ち良さから表情を歪める彩は右手を残したまま、左手で脇から下腹部へと撫でていく。
卑猥な昂奮で乾いた唇に舌を這わせて滑りを与え、緩めた口元に笑みを湛えて左手は下腹部から股間へと撫で下りていく。
「彩のストリップを見たかったんだけど焦らしのテクがスゲェな。アソコがボッキボキになっちゃうよ」
「ほんとう??……見たい、見せて……えっ、うわぁ~、半分くらいかなぁ??少しだけど大きくなってる。クククッ、もっと昂奮させちゃう……ねぇ、ドライフルーツを頂戴」
ルームウェアのパンツを途中まで下ろして剥き出しにしたペニスは小犬程度の半立ちながらオオカミに成長すると予感させる。
ドライアプリコットを右手で摘まんだまま口に含んだ彩の左手は、ショーツ越しに割れ目を擦る。

彩―隠し事

夜景  

「この景色が好き」
グレープフルーツパッションの入ったグラスを手にした彩は窓際に立ち、高台にある健志の部屋から駅周辺の夜の景色に見入る。
24時を過ぎても夜を彩る灯りはこの街に集う人たちの活力と共に眩いばかりに輝き、善悪を超えた貪欲さが灯りの影で妖しく蠢く人たちの多い事にも驚かされる。
仲の好い栞に連れられて行ったAVの撮影現場やSMショークラブの記憶が脳裏をよぎり、栞がいなければ知ることもなく縁のない世界だろうし健志に出会うこともなかったと縁の不思議に思いを巡らす。

健志が部屋の照明を暗くする。
窓外の景色は変わらないものの、窓に彩が映り背後で見つめる健志も窓の中にいる。
窓の中の健志に話しかける。
「学生時代からの親友がいるんだけど、その人に色々な事を教えてもらって、この街の懐の深さみたいなモノを知って驚いていたんだけど、今日は健志に新しい世界を教えてもらった……何より驚いたのは、彩が自分自身を知らない事が多いってこと」
「後悔してる??」
「そうじゃないの。彩は本当の私じゃないって言ったけど、本名の自分と彩のどちらが本当なのか分からなくなってきた」
「思っていたよりも性的にエッチでスケベって事??」
「そんな風に言われると、実も蓋もないけど、そういうことかなぁ??」
「彩は分かっているんだろう??分かった上で言っているんだと思うけど……仕事をしているときはメリハリの利いた出来る女、前にも言ったけどスーツ姿が似合っていた。ユニフォームが似合う人ってその道で一流って思っているから。仕事を離れれば清楚にして上品な奥様。夜は清楚で上品な奥様が奔放で淫らな彩に変身して享楽に耽る……学生時代からの親友って男性か女性か分からないけど、そういう彩の本質を知った上で誘ってくれているんだろうな」
「うん、ずっと昔から淫奔な彩が心の奥に棲みついていたような気がする。人見知りする私は必死で隠していたんだけど、SMショークラブで彩が姿を現して何かが吹っ切れたような気がする。本当の私はこれまで通り過ごして彩に変身したいときは健志に会うの」
「嬉しいね、それでいいよ。いくつもの顔を自在に使い分けてフラストレーションを残さない。仕事をしているときにエッチでスケベな彩じゃ困るしね……仕事をしているときの彩に会ってみたいな」
「クククッ、だ~め、見せてあげない。謎があった方がいいでしょう??」
健志は彩の後ろ姿を見つめ、彩は窓の中の健志に微笑んで見せる。

グレープフルーツパッションをゴクッと飲んだ彩は振り返ってグラスを置き、
「ねぇ、彩はきれい??可愛いと思う??」
「あぁ、きれいだし可愛い。上手に歳を重ねていると思うよ。すべてが思い通りになったと思わないけど、大きな不満を抱えることなく今に至ったと思う……彩が人妻でなければって思うよ」
「うん??人妻でなければ何??どうするの??はっきり言ってくれないと分からないよ」
「えっ、うん、そうだな……そうだ、人妻って言葉はエロイよな。奥さんと人妻って同じ意味だけど響きは全然違う。彩のような女性にこそふさわしい言葉だね、人妻」
「うまく逃げられたけど許してあげる。追い詰めちゃうと二人とものっぴきならないことになっちゃうかも……ウフフッ」


バスルームに姿を消した奈央と沙耶を相手に男汁を吐き出した男たちに見せつけるようにして、対面座位でつながる健志が放出した精液をバギナの奥深くで受け止めて満足したはずの彩の瞳が薄明りの中で淫蕩な光を宿す。
「あのバーだけど、いつもなの??」
「平日はそれぞれの仕事で忙しいからエロイのは週末だけだよ。それも必ずってわけではなく、酒を飲んでそれで終わりってこともあるよ」
「ふ~ん、そうなんだ……彩を連れてったのは、同じような事をさせようと思ってなの??」
「彩の気持ち次第だって思っていたけど、正直に言うと……彩には参加してほしくなかった」
「ウフフッ、それでつながった後も下着を脱がさなかったの??ねぇ、そうなの??」
「そうだよ。彩のすべてをオレ以外の男に見せたくないと思っていたよ……わがままと思われてもね」
「そうなんだ、思った通りだった。女はね好きな男のわがままを受け入れることに幸せを感じることもあるよ。たとえそれが理不尽だと思える事でもね……昂奮したからかもしれないけど眠れそうもない」

バスルームで会員制バーでの淫靡な昂奮を汗と一緒に流したはずなのに、照明を落とした部屋で窓際に立つ彩を見つめる健志の股間が元気を取り戻しそうになり、彩の瞳に宿る淫蕩な光が妖しく揺らめく。
「理不尽なわがままを言ってもいいよ。バーで彩の事を守ると言ってくれたし、最後の一枚を脱がさずにいてくれたから……」
「それなら、オレだけのためにシャツを脱いで彩の白い肌を見せてくれ」
「今??ここで??」
「そうだよ。今、ここで彩のすべてを見たい」

用意したお泊りセットの中からピンクのブラジャーとショーツを着けて、健志のグレーのシャツを部屋着代わりにしている。
綿にカシミヤ混生地でヘリンボーン織のシャツは綿100%よりも光沢があり肌触りもいい。
「そっちに行ってもいい??」
「ダメ、窓際の彩を見たい」
「いじわる、彩は写真が好きだから健志の想像していることを分かる気がする。景色に負けて埋もれてしまわない??」
「大丈夫、負けるはずがない。それを分かっているはずだよ、分からないなら彩は自分を過小評価しすぎ」

彩は背後に広がる駅周辺の景色に目をやり、白い肌にピンクの下着を着けた自分がその景色の中でどのように見えるかカメラのレンズ越しの姿を想像してみると自然と頬が緩む。
笑みを浮かべた横顔を見た健志は、
「オレにも見えるよ。柔らかな曲線で包んだ彩の身体はピンクやパステルカラーがよく似合う。その背後にある宝石箱をひっくり返したような景色は彩の美しさに嫉妬するよ。車のヘッドライトや走る電車の灯り、航空障害灯が動なら、窓辺で佇む彩は静。動と静の対比も彩の美しさを強調するためにある」
「クククッ……彩はそんな自信家じゃない、でも嬉しい。夜景の中に埋没する事はないって信じる。見せてあげる、見てね……ガッカリしちゃ嫌だよ」
下唇を噛み、宙を睨んでゴクッと唾を飲んだ彩はシャツのボタンに手を伸ばす。

彩―隠し事

会員制バー -10    

奈央は八人を相手にした後とあって、四つん這いの格好からそのまま突っ伏すように崩れ落ちてハァハァッと肩で息をし、口元には飲み残した精液が滴り首から肩や背中は滲む汗に張り付く黒髪が凄惨で淫蕩な表情を飾る。
バギナ、アナルと口腔の三つの穴に満足の証を吐き出した男たちは萎れたオトコを股間にぶら下げたままシャワーを浴びようともせずに彩に視線を向け、新たなセックスの対象となるのかと期待で目をギラギラ輝かせる。

沙耶は結婚後初めての他人棒を夫の目の前で受け入れ、しかもそれはこれまでの女性遍歴を誇るように黒光りする怒張だった。
膣口が張り裂けそうなほど押し開いて侵入する怒張はカリ部もマツタケの様に張り出し、出し入れの度に繰り返される膣壁への刺激で潮を吹き、いまだ完全に閉じることを忘れた股間からは男汁の残滓が滴る。
「沙耶ちゃん、ポッカリ開いたままの穴を塞いであげようか??」
ママの言葉の意味する事を理解しないまま頷いた沙耶の股間に、夫が握りしめていた下着を押し込んでしまう。
「なに、なに??どうしたの??」
「赤くはないけど白い血を吸い取るためにタンポン代わりにパンツを入れてあげたの、嬉しい??」
「私の身体をオモチャにして遊ぶのって楽しい??……アンッ、いやっ、だめ、引っ張らないで、内臓まで引きずり出されそうな気がする。ウッ、グゥ~」
ママの指が一旦押し込んだショーツを摘まんで引っ張ると、沙耶は握りしめた両手で身体を支え、唇を噛んで目を見張り、自らの股間を覗き込む。
ズルズルッ……引っ張り出されたショーツはべっとりと精液の残滓を吸い、クリの花の香りを漂わせる。

真っ赤なバラの花弁を悪戯されて痛々しくさえ見えるバギナの持ち主は起き上がる事も出来ず、仰向けのまま開いたままの口でハァハァと息をして手を伸ばし、奈央の指に触れると二人の手はにじり寄って固く結ばれる。
「沙耶ちゃん、ついにやっちゃったね。彼のは大きいでしょう??」
「うん、実際に経験すると想像以上だった。熱したブットい棒で串刺しにされたようだったよ、先端が入ってきたときは裂けるかと思ったし、奥まで入れられた時は内臓を口から押し出されるかと思っちゃった」
「フフフッ、ところてん突きで押し出されちゃうの??そうなったら、私が拾ったげるよ。彼の豪棒で私は一本や二本じゃ満足できない女になっちゃったんだけど……どうしようかな、教えてあげても好い??」
「あぁ、本当の事だから別に構わないよ」パートナーの男はニヤニヤ笑いながら返事をする。
「彼の許可が出たから教えてあげる。彼と奥様は仲が良いんだけど、セックスだけは勘弁してって……あなたのチンチンが苦にならない人がいればセックスは外でして欲しい。私があなたを欲しくなった時はお口に入れてって言ったの」
「えっ、ちょっと待って……今の言い方は直接聞いたように思えるけど??」
「そうだよ、私は奥様の面接に合格して晴れて愛人になったの……続きは沙耶ちゃんだけに教えてあげる。一緒にバスルームに行こうよ、立てる??」
口元に白濁液を滴らせたままの奈央はバギナとアナルをティッシュで拭い取り沙耶を抱き起す。
股間に何かを飲み込んだままの様に腰を落として奈央にすがって歩く沙耶を見る夫の表情に不安はなく、労わりと愛情を滲ませる。

奈央と沙耶がドアの向こうに姿を消すとママと男たちの視線は彩に注がれる。
ショーツを着けたまま対面座位で健志とつながり、激しく動く事はなくとも奈央と沙耶の痴態で気持ちの性感帯を刺激されてバギナはジュクジュクと蜜を滴らせている。
付き合う時間は短くとも彩と健志は身体も気持ちも相性がよく、歩いているときに手をつなぐだけでも性感のスイッチが入るほどだ。
その二人がつながって気持ちの昂らないはずがない。
「アッアッ、いぃ、気持ちいいの、ウゥッ~……」
上半身を健志にすがるように押し付けているため乳房の全容を見せて男たちを楽しませる事はないものの、染み一つなく成熟した女性らしく柔らかみのある脇から背中へのラインは見る者を満足させる。

「いやんッ、みんなが彩を見てる。恥ずかしい」
「ブラジャーも外して大人の色気に満ちた彩がオレとつながっているんだよ。見たくなるのが自然だし奈央さんや沙耶さんに一度放出したから調子が上がって、やりたい、やりたいってチンチンがうずうずしているだろうよ」
「いやぁ~ン、今日は健志だけでいいの。今日はイヤッ、許して、絶対に嫌」
「分かっているよ、彩を守るって約束しただろ、今日はオレの腕の中で安心して満足しなさい……見つめる男たちが嫉妬してオナニーするほど艶っぽい姿を見せてやろうか」

女性客が望まない事をしてはいけないというこの店のルールに従う男たちは、彩に触れることが出来ないと分かるとカウンターに向かい、それぞれにオーダーした酒を飲みながら彩を見つめ語り合う。
ペニスをしごいてママに見せつけ、口を半開きにして陶然とする者までいる。

彩の脳裏に遠い昔の高校生だったあの日の記憶が蘇る。
隣家の一歳下の男子に着替える姿を覗き見されてゾクゾクするような変な昂奮と快感に股間を濡らした。
その後、恥ずかしい姿を見られる、あるいは自ら恥ずかしい姿を見せつけて昂奮する女性がいると聞いて何かモヤモヤする懐かしさを感じていたが、先日、秘密クラブで見知らぬ人たちの前で下着姿とは言え縄をかけられて足先から脳天まで電気が走り、疼きと共に頭の芯に霞がかかったような得も言われぬ快感に襲われて羞恥と快感の狭間で身体と気持ちの昂ぶりに堪えていた。

人見知りする質だと思っているものの、何かの拍子でスイッチが入ると自分でも驚くほど思い切ったことをすることがある。
今もまた、対面座位で健志のオトコを咥えこんで首に回した両手で身体を支え、押し付けた自らの股間を妖しく蠢かして快感を貪る。
ハァ~ン、いぃ~……股間を擦り付けると健志の恥骨が下腹部を擦り、じわじわと心地良い刺激が子宮に伝わってくる。
酒と会話を楽しみながら彩を見つめる男たちのいやらしい視線が性感を刺激する。
今は健志のペニスに与えられる快感よりも男たちの視線に犯される刺激で頭の芯が疼きボゥッ~となる。

「彩さんって言ったっけ??柔らかで女性らしくムッチリとした後ろ姿。パンツで隠れている尻はプリプリして美味そうだよな、顔を押し付けてフルフルしたいよ」
「俺の経験では、こういう人は落としにくいんだよ。スポーツジムやヨガあるいはピラティスをやっているような身体の芯から伝わってくるアクティブさがあるだろう。自分を厳しく律する人ってプライドも高いから変な妥協をしないだろうし……まぁ、私見だけどな」
「そうか、彩さんのような人に会ったら今の言葉を思い出すことにするよ」
男たちの会話を聞いた彩は、そうじゃないよ、プライドの高い女性ほど強い男に束縛されることを期待しているんだよと言葉にはせずに強く思う。

彩―隠し事

会員制バー -9    

「アッアッ、ダメッ、だめっ……ウググッ、クゥッ~、なんか変、変なの、漏れちゃう~……ヒィッ~、いやぁ~ン」
ビシャビシャッ、ビチャビチャッ……
「すごいよ、沙耶。潮を吹いちゃったね。俺は膣壁の何処を刺激すればいいか分かってるけど、さすがだな、こんなすごい武器があるから沙耶も一発で吹いちゃったね」
「初めてだよ、潮を吹くってのを体験したのは。奈央は奥を突くと気持ち良いというので経験したことがなかったよ。ありがとう、奥さん」

「ウグッグッ、アウッ……ゲボッ、クゥッ~、ウググッ」
残る二人をバギナと口に受け入れた奈央は、絶頂に達して目を閉じる沙耶の下半身に焦点の定まらぬ視線を移し、
「沙耶ちゃん、お潮を吹いちゃったの??ウッ、クゥッ~……気持ちいいの??……言葉も出ないほど気持ちいいの??そうなんだ、ふ~ん……アンッ、この子は我慢できないの??」
オシャブリしていたペニスを吐き出して右手でしごきながらバギナ責めを堪える奈央は、手の中のペニスの持ち主が頭を掴んで腰を突き出すと艶めかしい表情で上目遣いに見上げ、再び咥えて顔を前後する。

ジュルジュル、ジュボジュボッ、ペニスに右手を添えたまま激しく顔を前後してファラチオを施し、左手だけで身体を支える四つん這いの姿勢で腰を揺らしてバックスタイルで挿入するペニスを責める。
獣の格好で二本のペニスに責められていると見える奈央は、自ら身体を揺らして逆に責め、一度満足の証を吐き出して取り囲む男たちが伸ばす手が乳房を揉み、尻を撫でまわし、それが片手で支える奈央の身体が崩れ落ちるのを防いでくれる。

ハァハァッ……黒光りする怒張の抜き差しで予期せぬ刺激から潮を吹くほどの絶頂に追いやられた沙耶は息も絶え絶えに為すすべなく横たわる。
夫の手が髪を撫で、頬を擦って額にキスすると閉じていた眼を開けて朱に染めた顔に恥じらいを含んだ笑みを浮かべる。
そんな沙耶の様子を見た男は動きを再開する。
頂上に達したバギナは膣口が張り裂けそうなほど押し開く怒張に馴染み、ヤワヤワと包み込んで痛がる様子もなく奥へ引き込もうとする。
「俺のモノに慣れたようだな。本気で責めるよ、覚悟しなさい」
男は右手で尻を抱え上げるようにして結合部の密着感を増し、腰を突き出して怒張の先端で子宮口を刺激する。
「クゥッ~、きついけど、気持ちいぃ。見てる??あなた、スケベな私を見てる??ブットいチンポでオマンコを串刺しにされて気持ちいいの。悪いのはあなただよ、あなたが遊んでもらえって言うから……ウグッ、グゥッ~、たまんない」
「沙耶は悪くない、俺も悪くない。沙耶の身体が欲するまま気持ちよくなりなさい」
「あなたが好き、大好き、アァ~、ダメ、我慢できない……突いて、アソコが裂けるほど激しくして……ヒィッ~、アウッ、すごい、壊れちゃう」

グチュグチュッ、グチャグチャッ……両手で尻を抱えて腰を押し付け、恥骨を擦り合わせて子宮口を刺激する。
沙耶は両足で男の胴を締め付けて自らの腰をグリグリと動かし、ウグッグゥッ~と意味不明の喘ぎ声を漏らす。
パンパンッ……怒張の太さ、硬さや長さに十分馴染んだと感じた男は気遣いを捨て去り、脳天を突き抜けるほどの快感に支配されて激しく腰を打ち付ける。
「ウガガッ、グウッ~、すごい、壊れちゃう、アワワッ……ヒィッ~、逝っちゃう、逝っちゃう、一緒、一緒に逝って……クゥッ~、だめぇ~」
「アウッ、ダメだ、我慢できない。逝くよ、出しちゃうよ」
「アンッ、すごいの、壊れちゃう……ヒィッ~、逝く、いくっ、逝っちゃう~」
ウッ……沙耶の尻を抱える両手に力を込めて引き寄せ、満足の証を子宮めがけて吐き出した男はウッと一声漏らして沙耶の胸に突っ伏してしまう。

「ハァハァッ……ごめん、重いだろう??」
「うぅうん、いいの。満足してくれたから我を忘れて私に体重をかけちゃったんでしょう??嬉しい……アンッ、いや。チンチンがピクッてなった」
「クククッ、沙耶ちゃんから離れたくないって愚図っているんだよ……奈央は温かいマンコで俺のモノを包み込んでマッサージでもされているような気持ち良さがあるけど、沙耶ちゃんはベルベット生地で包み込まれて奥へ奥へと引き込まれていくような気持ち良さがる」
「ねぇ、あなた、聞いた??私のアソコはベルベット製だって、高級品だよ……ウフフッ、いやんっ、キスしたいの??ママが笑ってるよ」
夫は周囲を気にする様子もなくキスし、奈央のパートナーは呆れたと言わんばかりに肩をすぼめて怒張を抜き取る。
バギナからドロッと精液が溢れ出し、慌てたママがティッシュで受け止め、怒張を抜き取った男にティッシュボックスを渡して笑みを浮かべる。

ウッウッ、グゥッ~……ウグッ、ウググッ、ズルズルッ……沙耶に視線が集まる中、奈央のくぐもった声が注意を引く。
ファラチオの心地良さと沙耶の痴態を見て興奮のあまり口の中で爆ぜてしまった男汁を喉の奥に浴び、苦しさのあまり手の平で受けて再び飲み干す。
「俺が最後か、今日は濃いぞ。マンコが火傷しないように気を付けろよ……逝くぞ、受け止めろ……ウッ、ウッ……温かくて気持ちいいな、搾り取られちゃったよ」
沙耶の夫とマスター、健志を除く男たちが吐き出した精液は、満開の栗の花のようで何とも表現のしようのない卑猥な香りを撒き散らす。
精液とマン汁や唾液にまみれてぬらつくペニスは萎れかかり、だらしなくそれぞれの股間にぶら下がる。
沙耶はこれまで驚愕の思いで見ていた黒光りする怒張で子宮口を刺激されるほど深く突かれて絶頂まで追い込まれ、仰向けで横たわったまま腹部を上下させて荒い息を繰り返す。
腿を閉じることも忘れるほどの満足感を与えられた股間は荒々しいセックスの痕があからさまに残り、ママが拭き取れなかった白濁液が滴り、凄惨な色気に見る者はゴクッと唾を飲む。
四つん這いの格好でバギナとアナル、口腔の三つの穴にペニスを受け入れて八人の男たちを満足させた奈央は、閉じることを忘れてポッカリ穴が開いたままの前後の穴を晒し、ハァハァと苦し気な息をする口も閉じることがない。

彩は思い出そうとしても定かでない霞がかかったような記憶の中で健志に挿入を望み、下着一枚残したままの格好で対面座位でつながって奈央と沙耶を見つめていた。
想像もしたことのない二人の痴態に圧倒されて快感を覚えることもなく、義務のように身体を上下した。
気持ちは二人と二人の身体を貪る男たちに向いても身体は対面座位で突き上げる健志に反応し、いつしか気持ちも快感に酔っていた。
全員が注視する中、吹っ切れたように快感を貪るために健志の首に回した両手を支えにして下半身を押し付けるようにして蠢かし、上半身を仰け反らせて身体を上下する。

彩―隠し事

会員制バー -8    

「ウググッ、グゥッ~、きつい、ハァハァッ~……」
沙耶の手は恐る恐る結合部に伸びて怒張を根元まで飲み込んだことを確かめ、苦痛とも安堵とも取れる吐息を漏らす。
丁度、そのタイミングで奈央の歓喜の声が響く。
「ヒィッ~、すごい。オマンコだけじゃなくお尻の穴にも入れられちゃった、動いて、もっと激しく……お口にも頂戴。私の三つ目の穴もチンポで塞いで、八本もあるでしょう、啼かせて、壊れてもいいの」
グチャグチャッ、二ュルニュルッ……いやぁ~ン、すごい、すごい……奈央の声は男たちを挑発して責めが一層激しくなり、先走り汁でベチョベチョに濡れたペニスが唇に押し付けられる。
口を開ける事をわざとらしく嫌々をしても長くは続かず、歯がペニスに触れないように大きく開く。
三つの穴で激しく出入りを繰り返すペニスに蹂躙されて息も絶え絶えの奈央にとどめを刺すように揃って男汁を吐き出す。
ウググッ、グゥッ~……ゴクッ、ハァハァッ~……ウッウグッ、グゥッ~、口に吐き出された男汁をやっとの思いで飲み干しても安堵の時間は長く続くはずもなく、次は俺の番だと待ち構えていたペニスが三つの穴を塞いでしまう。

膣口は勿論、アナルからも吐き出された男汁が滲み出して卑猥な景色を作り、そんな事は気にならないとでもいうように待ち受けていたペニスが侵入を果たす。
グチャグチャッ、ヌチャヌチャッ……ハァ~ン、いやっ、休ませて……卑猥な湿り音が響き、休ませてと言っても聞いてくれるどころか男たちの征服欲と嗜虐心を刺激することにしかならず一層、激しいピストン運動が続く。
ウググッ、グゥッ~、壊れちゃう。いいの、気持ちいぃ……薄い膣壁が破れそうなほど二本のペニスがゴリゴリと擦れあい、喉の奥にまでペニスを突き入れる男の太腿を打って息をする事も出来ないと伝えても頭を掴む手に力を込めるばかりで聞き入れられない。
苦痛と快感の狭間で喘ぎ声と共に涙と汗が滲み出る。
間断なく漏れる喘ぎ声と首や肩、背中に滲む汗に黒髪がジットリとへばりついて凄惨な色気を醸し出し、それが口を犯す男と尻の穴に怒張を突き入れた男に新たな昂奮を呼び起こさせる。

「ウグッ、アウッアワワッ、ヒィッ~、すごい……グッウググッ……」
容赦なく突かれる口元から唾液に混じって最初の男が吐き出した精液が滲み出ても責めを許される事はなく、苦しさに顔が自然と垂れそうになると髪を掴んで引き上げられる。
グチャグチャ、ヌチャヌチャッ……アァ~、気持ちいい、出すぞ、尻の穴の奥で受け止めろ……アグッ、グゥッ~……俺もだ。逝くぞ、ピルの効果がないかもしれないほど今日は濃いぞ……二人目の男たちも満足の証をそれぞれの穴の奥深くに吐き出し、奈央は逃げることも出来ずに内臓にまで染みこむほど元気な精液を受け止める。
「ウグッ、ゲェッ、ゲボッ……ウグッ……はぁはぁっ、こんなに濃いのを喉の奥に吐き出しちゃうんだもん。喉を通らない……」
ペニスを引き抜かれてポッカリと開いたままの股間とアナルから滴り落ちる精液を気にする様子もなく、口で受け止めた男汁を手の平に出した奈央の目は苦しさを堪えた証拠に涙を滲ませ、それでも手の平の男汁を指先で伸ばしたり掻きまわしたりと健気な態度で遊んで、ズズズッと音を立てて啜り、顔を天井に向けて白い喉を見せつけるようにしてゴクッと嚥下する。
ニコッと笑みを浮かべた奈央は大きく開いた口を男たちに示して飲み込んだ証拠を見せ、美味しかったと微笑んで残る二人の男のために四つん這いの姿勢に戻る。

合わせて六人が満足の証として吐き出した男汁を三つの穴で受け止めた奈央を見たパートナーの男は、沙耶のバギナに挿入した黒光りする怒張を出入りさせる。
ウッ、グゥッ~、きつい、裂けちゃいそう……やめようか??抜き取った方がいいかと腰を引こうとすると、
「いやっ、そのまま、奥まで突いて……ゆっくり、ハッハァッ~……すごいっ、いぃの、気持ちいぃ……アッアッ、クゥッ~」
「すごいぞ、沙耶。俺のモノより好いのか??長くて太くて硬いのが好いのか??気持ちよくなりなさい、見ているからね」
膣口が張り裂けそうなほどの怒張を受け入れて苦痛と快感の狭間で身悶える沙耶の手を握る夫は手の甲を擦り、頬を撫でる。
「フフフッ、あなた、笑わせないでよ。私はアソコが張り裂けそうなほどきついのに……」
「えっ、あぁ、これか??」
頭に被ったままのショーツを外した夫は手の平で温めて匂いを吸いこみ、
「好い匂いがする。熟れた沙耶のマンコの香りがするよ」と、呟いて唇を重ねて手を握る。
「あなたの手が温かい。この手に守られていると安心できる……ウッ、クゥッ~、あうッ、アワワッ、子宮で感じる」

男が怒張の出し入れを繰り返すと沙耶はバギナが張り裂けるような苦痛混じりの快感に襲われて顔を仰け反らせ、自然とジリジリ逃げるような動きになる。
男が沙耶の肩を掴んで逃げることを許さず、グイッと腰を突き出すと怒張は根元まで姿を消して沙耶は、アッと声を上げて唇を噛み、眉間に皺を刻んで夫の手を握る手に力が込もる。
「ゴクッ、フゥッ~……沙耶、頑張ったね。太くて硬いモノが根元まで入っちゃったよ。よく見える……気持ち好いかい??こんなに大きなモノを飲み込んだのは初めてだろう??」
愛する妻の膣をこれ以上ないほど押し広げて根元まで侵入した怒張を見る夫は、我がことのように安堵の息を漏らして優しい視線で包み込む。
「ハァハァッ、私はあなたのチンポが好い。たまには頬張り切れないほどの御馳走もいいけど、慣れたのが安心できる……アッ、いぃ、変な感じ。いつもと違う処に当たるからイイ感じ……あなたのが好いって言いながらごめんね……ねぇ、ゆっくり動かしてみて」
「いいんだよ、沙耶。俺は沙耶が気持ちよくなってくれると嬉しんだからね。気持ちよくなりなさい……手を握って、ずっとそばにいるよ」

「奥さん、無理しちゃだめだよ。痛いときは教えてくれよ」
沙耶を組み伏せた奈央のパートナーは、二人の仲の良さに妙な昂奮をして乾いた唇に舌を這わせ、ゆっくりとピストン運動を再開する。
「アァ~ン、いぃ、また……また、よくなっちゃう。たまんない、あなた、許して……」
ヌチャヌチャ、グチャグチャッ……押しては引き、引いては押して腰を上下左右に蠢かしてペニスが触れる膣壁の感触に酔う。
「奥さんのがウネウネ波打って奥に引きずり込もうとしてるようだよ」
「アッアッ、ダメッ、だめっ、そんな急に抜かないで……ウググッ、クゥッ~、なんか変、変なの、漏れちゃう~……ヒィッ~、いやぁ~ン」
ビシャビシャッ、ビチャビチャッ……滲み出た液体が二人の下半身を濡らし、沙耶は羞恥で頬を朱に染める。
プロフィール

ちっち

Author:ちっち
オサシンのワンコは可愛い娘です

アッチイのは嫌
さむいのも嫌
雨ふりはもっと嫌・・・ワガママワンコです

夜は同じベッドで一緒に眠る娘です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード